近刊検索 デルタ

2018年10月10日発売

中央公論新社

老いと孤独の作法

中公新書ラクレ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本人の伝統的な死生観をさぐり、老い方の作法を考える。人生の後半期をどう生きるかを模索している人たちへのヒントが満載。
著者略歴
山折哲雄(ヤマオリテツオ)
1931年生まれ。東北大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。国立歴史民俗博物館教授、京都造形芸術大学大学院長、国際日本文化研究センター所長などをへて、現在は国際日本文化研究センター名誉教授。専攻は宗教学・思想史。著書に『仏教とは何か』『こころの作法』『近代日本人の美意識』『愛欲の精神史』『さまよえる日本宗教』『「歌」の精神史』『法然と親鸞』『能を考える』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。