近刊検索 デルタ

2019年11月8日発売

中央公論新社

神社で拍手を打つな!

日本の「しきたり」のウソ・ホント
中公新書ラクレ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
怪しげな「しきたり」に踊らされるな!


●神社の「二礼二拍手一礼」は伝統的な作法なんかじゃない!

●除夜の鐘を全国に広めたのはNHKだった!?

●初詣は鉄道会社の営業戦略だった!

●郊外の墓参りはバブルが生んだ年中行事!

●結婚式のご祝儀もお葬式の半返しも伝統なんかじゃない!

●そもそも、クリスマスはキリスト教と関係がない!


日本人が「しきたり」と思っている行事には、ごく最近生み出されたものが少なくない。私たちは「しきたり」とどう向き合えばいいのか。「しきたり」の概念を根底から覆す一冊。
著者略歴
島田 裕巳(シマダヒロミ shimadahiromi)
島田裕巳 1953年東京都生まれ。宗教学者、作家。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。自身の評論活動から一時「オウムシンパ」との批判を受け、以後、オウム事件の解明に取り組んできた。2001年に『オウム なぜ宗教はテロリズムを生んだのか』を刊行し話題に。『戒名』『個室』『創価学会』『神社崩壊』『0葬』など著書多数。
タイトルヨミ
カナ:ジンジャデカシワデヲウツナ!
ローマ字:jinjadekashiwadeoutsuna!

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
髙森美由紀/著
矢代幸雄/著
川上宗雪/監修 谷晃/編集
本日のピックアップ
信山社出版:結城忠 
技術評論社:横田一輝 
第一法規:成澤紀美 藤井総 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。