近刊検索 デルタ

2021年8月10日発売

中央公論新社

とがったリーダーを育てる

東工大「リベラルアーツ教育」10年の軌跡
中公新書ラクレ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
高校で文系と理系に振り分けられ、結果、理系の知識が乏しい人たちが社会を動かす官僚や政治家などになり、一方の理系学生といえば、世の中のことに無関心で、興味あることだけに取り組みがちだ。しかし、「これではいけない。日本のリーダーにもっと理系の人材を」。2011年、そんな思いを込めて東工大は「リベラルアーツセンター」を発足した。あれから10年。日本中から注目を浴びる東工大の挑戦のすべてを明かした。
著者略歴
池上 彰(イケガミアキラ ikegamiakira)
1950年長野県生まれ。ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業後、NHK入局。2005年からフリーとなり、テレビ出演や書籍執筆など幅広く活躍。現在、東京工業大学特命教授・名城大学教授など、計9大学で教える。『教育激変』『ニッポン、未完の民主主義』(いずれも佐藤優氏との共著)など著書多数。
上田 紀行(ウエダノリユキ uedanoriyuki)
1958年東京都生まれ。文化人類学者。東京工業大学教授リベラルアーツ研究教育院長。東京大学大学院博士課程修了(医学博士)。東工大学内においては、学生による授業評価が全学1200人の教員中1位となり、2004年に「東工大教育賞・最優秀賞」(ベスト・ティーチャー・アワード)を学長より授与された。
伊藤 亜紗(イトウアサ itouasa)
1979年東京都生まれ。東京工業大学 科学技術創成研究院 未来の人類研究センター長、リベラルアーツ研究教育院教授。東京大学大学院博士課程修了(文学博士)。専門は美学。著書に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』『どもる体』など。『記憶する体』はサントリー学芸賞を受賞。
タイトルヨミ
カナ:トガッタリーダーヲソダテル
ローマ字:togattariidaaosodateru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
松井久子/著
藤森照信/著 山口晃/著
谷崎潤一郎/著 榎本俊二/著 今日マチ子/著 久世番子/著 近藤聡乃/著 しりあがり寿/著 ほか
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。