近刊検索 デルタ

2018年7月20日発売

中央公論新社

とちりの虫

中公文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ユーモラスな自伝的内容、作家仲間の楽しいやりとり、鋭くも笑える社会観察など、著者の魅力が凝縮された随筆集。阿川弘之と遠藤周作のエッセイを増補。
著者略歴
安岡章太郎(ヤスオカショウタロウ)
一九二〇(大正九)年、高知市生まれ。慶應義塾大学在学中に入営、結核を患う。五三年「陰気な愉しみ」「悪い仲間」で芥川賞受賞。吉行淳之介、遠藤周作らとともに「第三の新人」と目された。五九年『海辺の光景』で芸術選奨文部大臣賞・野間文芸賞、八一年『流離譚』で日本文学大賞、九一年「伯父の墓地」で川端康成文学賞を受賞。二〇一三(平成二五)年没。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。