近刊検索 デルタ

2018年9月21日発売

中央公論新社

ひぐまのキッチン

中公文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「ひぐま」こと樋口まりあは23歳。学業優秀だったにもかかわらず、人見知りの性格が災いしてか、就活をことごとく失敗し、冴えない日々を過ごしていた。
そんなある日、祖母の紹介で、商社の面接を受けることに。そこは、米、粉、砂糖などを扱う、「コメヘン」という小さな食品商社だった。食品商社なら、大学で学んだ応用化学の知識を生かせるのではないかと意気込むまりあだったが、採用はよもやの社長秘書。
入社したまりあは、通常の秘書業務に加え、ときに取引相手に、ときに社長の友人に、料理をふるまうことになる――。
著者略歴
石井睦美(イシイムツミ)
神奈川県生まれ。一九九〇年『五月のはじめ、日曜日の朝』で新美南吉児童文学賞などを、二〇〇六年に絵本の翻訳『ジャックのあたらしいヨット』で産経児童出版文化賞大賞を、一一年『皿と紙ひこうき』で日本児童文学者協会賞を受賞。児童書・YA作品から一般小説まで幅広く執筆。著書『ご機嫌な彼女たち』『愛しいひとにさよならを言う』『キャベツ』『兄妹パズル』ほか。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。