近刊検索 デルタ

1月21日発売予定

中央公論新社

極北

中公文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
極限の孤絶状態に陥り、

酷寒の迷宮に足を踏み入れた私の行く手に

待ち受けるものは――



最初の1ページを読み始めたら、決して後戻りはできない。

予断を揺るがし、世界の行く末を見透かす、

強靱なサバイバルの物語。



この危機は、人類の未来図なのか。

村上春樹が紹介した英国発の話題作、いよいよ文庫化。
著者略歴
マーセル・セロー(マーセル・セロー ムラカミハルキ maaseru・seroo murakamiharuki)
マーセル・セロー 一九六八年ウガンダに生まれ、英国で育つ。ケンブリッジ大学で英文学を、イエール大学でソヴィエト、東欧の国際関係を研究。環境問題から日本の「わびさび」まで、多様なテーマのドキュメンタリー番組制作に携わるほか、二〇〇二年に発表した小説 The Paper Chase でサマセット・モーム賞を受賞。本書『極北』は全米図書賞及びアーサー・C・クラーク賞の最終候補となり、「主要な文学賞が見過ごしている格別に優れた作品」に贈られるフランスのリナペルスュ賞を受賞している。その他の作品に Strange Bodies などがある。
タイトルヨミ
カナ:キョクホク
ローマ字:kyokuhoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
佐藤愛子/著
辻原登/著
佐藤愛子/著 田辺聖子/著

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。