近刊検索 デルタ

2020年8月21日発売

中央公論新社

被匿 刑事・鳴沢了

刑事・鳴沢了
中公文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
刑事として生まれた男×東京地検。

恩讐の奥に隠された悲しき真実とは?

堂場瞬一史上売上NO.1シリーズ第八弾。


西八王子署管内で代議士が不審死。ろくな捜査もせず警察は事故と断じた。だが了のもとに地検から、死んだ議員が大規模収賄で事情聴取される予定だったと情報が入る。自殺か、他殺か。警察の怠慢な行動、圧力をかける権力者、孤立したまま事件を追う了の捜査は、思いがけず旧知の人物へとつながっていく。
著者略歴
堂場 瞬一(ドウバシュンイチ doubashunichi)
堂場瞬一 一九六三年生まれ。茨城県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。二〇〇〇年秋『8年』にて第一三回小説すばる新人賞を受賞。著書に「刑事・鳴沢了」シリーズ、「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ、「刑事の挑戦・一之瀬拓真」シリーズ、「汐灘」サーガの他、『犬の報酬』『白いジオラマ』『奔る男 小説 金栗四三』(以上中央公論新社)、「警視庁追跡捜査係」シリーズ(ハルキ文庫)、「捜査一課・澤村慶司」シリーズ(角川文庫)、「警視庁犯罪被害者支援課」シリーズ(講談社文庫)、「ラストライン」シリーズ(文春文庫)、『空の声』(文藝春秋)、『ダブル・トライ』(講談社)、『ホーム』(集英社)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ヒトク
ローマ字:hitoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
斎藤充功/著
堂場瞬一/著
堂場瞬一/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
学文社:角南なおみ 
技術評論社:金谷敏尊 甲元宏明 三浦竜樹 中村孝 内山悟志 舘野真人 マーク・アインシュタイン 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。