近刊検索 デルタ

2021年5月10日発売

中央公論新社

ワイド版 マンガ日本の古典26 葉隠

全集
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
武士道といふは…、武士道といふは…、武士道といふは…!? 屈指のギャグ漫画家の前人未到の試み!! 黒鉄ヒロシが真面目に遊ぶ「武士道」の精髄。

「武士道といふは死ぬ事と見付けたり」で有名な『葉隠』は、佐賀鍋島藩の武士であった山本神右衛門常朝(西暦一六五九~一七一九年)の談話を、田代陣基が筆記した教訓書である。十一巻。鍋島二代藩主光茂は、その死にあたって切腹を禁じたため、常朝は殉死に代わるものとして出家の道を選び隠棲した。出家から十年後の宝永七(一七一〇)年、庵を訪ねてきた佐賀藩士陣基に武士の生き方について語り、陣基はそれに歴代藩主や戦国武士の言行を加え、七か年をかけて一書にまとめた。『葉隠』を貫く思想は、当時一般的であった儒教的士道論から見ると極端ともいうべきものであり、藩中においてさえ禁書・奇書の扱いを受けた。公刊されて広く読まれるようになったのは明治半ばになってからである。
著者略歴
黒鉄 ヒロシ(クロガネヒロシ kuroganehiroshi)
黒鉄ヒロシ 1945年(昭和20年)、高知県生まれ。武蔵野美術大学商業デザイン科中退。1968年「漫画ストーリー」に掲載された『山賊の唄が聞こえる』でデビュー。以後『ひみこーッ』『結作物語』『昭和情話』『ぽこちん共和国』など次々とギャグ作品を雑誌に連載、斬新なタッチと独特な間を感じさせるセンスで人気を博する。イラスト、エッセイ、テレビ出演と活動範囲を広げる一方で、近年は『幕末暗殺』など幕末史を題材にした漫画作品を多く手がけ、一連の作品は〈黒鉄歴画〉と称されている。87年、第18回講談社出版文化賞さし絵賞、97年『新選組』により第43回文藝春秋漫画賞、98年『坂本龍馬』により第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。エッセイ作品も『巨人ファンでなぜ悪い!』『人はなぜ死を恐れるのか』(共著)『ホルモン窃盗団』など多数。
タイトルヨミ
カナ:ワイドバン マンガニホンノコテン26 ハガクレ
ローマ字:waidoban manganihonnokoten26 hagakure

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
ショーン・マクフェイト/著 川村幸城/翻訳
榎本泰子/著
イワン・クラステフ/著 スティーヴン・ホームズ/著 立石洋子/翻訳
末浦広海/著
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。