近刊検索 デルタ

2021年3月25日発売

中央公論新社

日本三百名城(仮)

ムック
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
現存天守を中心に、日本の城にまつわるさまざまな謎を探る。バーチャル城巡りも紹介。城址も含めた全国300名城を一覧で紹介する。


〈巻頭特集〉


今に生きる三大名城として、熊本城、名古屋城、江戸城をビジュアルに紹介し、城がもつランドスケープとダイナミズムの魅力を誌面で展開する。「人気の山城を攻略」と題してグーグルアースやグーグルストリートビューなどを駆使して誌上散策を展開、バーチャル城巡りの魅力を読者に伝える。さらに「最新お城NEWS」として、水戸城大手門、金沢城鼠多門、鳥取城大手路、鹿児島城御楼門、尼崎城の模擬天守、丸亀城の石垣復旧、月山富田城の整備、新東名高速道路開発で消失する河村城などを紹介し、各地の復元・発掘の状況を伝える。


〈第1章「天守の美と構造の秘密」〉


四季に映える国宝天守として、姫路城、松本城、犬山城、彦根城、松江城を紹介。さらに、弘前城、丸岡城、備中松山城、伊予松山城、宇和島城、丸亀城、高知城も取り上げる。天守の歴史と構造を記し、「天守復興ヒストリー」として、戦前の旧国宝天守、戦火による消失、戦後の復興を解説する。


〈第2章「お城歩きの基礎知識」〉


「城の歴史」「山城(中世城郭)と近世城郭」「石垣の種類と構造」「城を守る堀と土塁」「天守」「城を構成する建物」「城のつくり方」など、城巡りの予習としてテーマ別に紹介する。城郭ビギナーも役に立つ情報が満載だ。


巻末にはさらに知りたい人のためのブックガイドと「300城データファイル」を掲載する。インタビューは、城郭考古学の第一人者・千田嘉博氏と城マニアの落語家・春風亭昇太師。とっておきの熱い話が読める。
著者略歴
中央公論新社(チュウオウコウロンシンシャ chuuoukouronshinsha)
タイトルヨミ
カナ:ニホンサンビャクメイジョウ
ローマ字:nihonsanbyakumeijou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
ショーン・マクフェイト/著 川村幸城/翻訳
榎本泰子/著
飛鳥学冠位叙任試験問題作成委員会/著 今尾文昭/編集
イワン・クラステフ/著 スティーヴン・ホームズ/著 立石洋子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。