近刊検索 デルタ

2020年8月4日発売

東京大学出版会

歩行者事故はなぜ起きるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
歩行者事故はいつ,どこで,なぜ起きるのか.長年,交通安全研究・事故統計分析に携わってきた著者が,歩行者の身体・心理・行動の特性から,道路交通環境,事故防止対策まで,歩行者の安全にかかわるテーマを一冊にまとめ,広い視点で論じる.
目次
はじめに

第1章 歩行とは
  第1節 運動としての歩行
  第2節 歩行をコントロールする脳のメカニズム
  第3節 歩行中の視覚行動

第2章 歩行者をとりまく環境
  第1節 歩行者の通るところ
  第2節 歩行者を守る移動空間
  第3節 歩行者事故を招く視覚的環境
  第4節 歩行者が望む道路・沿道環境

第3章 歩行者の行動
  第1節 移動行動
  第2節 道路横断時の歩行者行動
  第3節 歩行者の交通違反

第4章 歩行者事故の実際
  第1節 歩行者事故の推移と現状
  第2節 いつ起きるか
  第3節 どこで起きるか
  第4節 なぜ起きるか

第5章 交通弱者としての子どもと高齢者
  第1節 交通にかかわる子どもの能力発達
  第2節 交通場面での子どもの能力発達
  第3節 交通事故につながる高齢者の老いと病気
  第4節 高齢者の歩行行動

第6章 歩行者事故の対策
  第1節 子どもの歩行者安全教育
  第2節 高齢者の歩行者安全教育
  第3節 歩行者安全のための道路・交通対策
  第4節 車の先進技術と救急医療の進歩


Why Are Pedestrians Involved in Traffic Accidents ?
Tsuneo MATSUURA
著者略歴
松浦 常夫(マツウラ ツネオ matsuura tsuneo)
実践女子大学人間社会学部教授
タイトルヨミ
カナ:ホコウシャジコハナゼオキルノカ
ローマ字:hokoushajikohanazeokirunoka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東京大学出版会の既刊から
金栄敏/著 三ツ井崇/翻訳
小林延人/編集
エイブラハムフレクスナー/著 ロベルトダイクラーフ/著 初田哲男/監修 野中香方子/翻訳 ほか
五百旗頭薫/編集 小宮一夫/編集 細谷雄一/編集 宮城大蔵/編集 東京財団政治外交検証研究会/編集

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。