近刊検索 デルタ

2018年9月11日発売

東京大学出版会

近世政治空間論 裁き・公・「日本」

裁き・公・「日本」
このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
序 章 空間と主体の近世政治史

第一部 政治空間としての江戸城と裁判
第一章 近世の政治体制と裁判権の特質
第二章 城と都市のなかの評定所
第三章 「公儀」の裁きとは何か

第二部 政治空間化する太平洋と「日本」
第四章 異国異界情報と日常世界――近世的公開メディア
第五章 公開される「日本」――新しい海洋の登場と政治文化の変容

第三部 新たな政治空間の希求と政体構想
第六章 「画工」と「武士」のあいだ――渡辺崋山、身分制社会のなかの公と私
第七章 開成所会議と二院制議会――慶応四年初頭、江戸の政治空間

終 章
著者略歴
杉本 史子(スギモト フミコ)
東京大学史料編纂所教授

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。