近刊検索 デルタ

2024年1月31日発売

東京大学出版会

出版社名ヨミ:トウキョウダイガクシュッパンカイ

学生たちの戦後 : 矢内原忠雄と学生問題研究所

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1958年から数年間だけ活動した矢内原忠雄の「学生問題研究所」は、何のために設立され、何を行ったのか。東京大学文書館がアーカイブした資料をもとに、その調査・研究内容、関係する人々、資金源、そして当時の急変する学生たちの思想状況を検討する。どちらも帝国大学の残滓からの離脱を模索しつつも相反する、矢内原らの成就しなかった新制大学構想と、異議申し立て紛争の季節へとなだれこんでゆく学生たち。ある特異な研究所からみた、戦後大学史・学生運動史。
目次
序 章 学生たちの戦後――大学という共同体のゆくえ(吉見俊哉)
第一部 矢内原忠雄と 「学生問題」
第1章 無教会キリスト教と「学生問題」――矢内原忠雄から西村秀夫へ(赤江達也)
第2章 大学人・矢内原忠雄の誕生――戦前期学生運動との遭遇とその帰結(後藤美緒)
第3章 大学人の自由と責任――闘争する学生と全人教育の理念(吉見俊哉)
インタビュー1 戦後東大改革と学生問題研究所(寺﨑昌男)
第二部 運動する学生 動員される学徒
第4章 「学徒」と「学生」――学徒動員・学徒出陣の記憶と「学生問題」(野上 元)
第5章 学生運動の 1950~60年代と日本のマルクス主義――所美都子を到来させたもの(小玉重夫)
第6章 1950年代の雑誌・サークル文化と学生運動(鳥羽耕史)
インタビュー2 六〇年安保闘争の学生と西村秀夫(最首 悟×聞き手 吉見俊哉)
コラム 学生問題研究所の資料から読み解く学生像(加藤 聡)
第三部 学生問題研究所と知の戦後史
第8章 社会調査史からみた学生問題研究所(佐藤健二)
第9章 学生問題研究所と戦後の世論研究(鄭 佳月)
第10章 学生問題研究所と冷戦期米国アジア財団の広報外交(礒山麻衣)
終 章 学生問題研究所を再発見する――浮かび上がる資料の全体像(周東美材)
資料一覧
著者略歴
吉見 俊哉(ヨシミ シュンヤ yoshimi shunya)
タイトルヨミ
カナ:ガクセイタチノセンゴ : ヤナイハラタダオトガクセイモンダイケンキュウジョ
ローマ字:gakuseitachinosengo : yanaiharatadaotogakuseimondaikenkyuujo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。