近刊検索 デルタ

2020年6月18日発売

東京大学出版会

日本の道路政策

経済学と政治学からの分析
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本の道路政策とは何だったのか――国民の生活と経済活動に不可欠ゆえ,世間の注目を浴び続け激論が交わされ続けた重要課題の核心に迫り,究明困難とされる道路政策の全体像を描く.厚生経済学を基盤としたミクロ経済学と公共選択論の手法を駆使して制度の詳細とそのメカニズムを明らかにし,今後の展望も示す.
目次
序 章 道路政策を鳥瞰する視座――問題の所在と限定
第1章 道路政策の歴史――現行制度の淵源
 
第I部 高速道路政策
第2章 高速道路の整備政策
第3章 高速道路の料金政策

第II部 一般道路政策
第4章 一般道路の整備政策
第5章 自動車関係諸税と道路特定財源制度

第III部 2000年代の道路政策の改変
第6章 日本道路公団の民営化
第7章 道路特定財源の一般財源化

終 章 道路政策の来し方,行く末――含意・提言・展望
著者略歴
太田 和博(オオタ カズヒロ oota kazuhiro)
専修大学商学部教授
タイトルヨミ
カナ:ニホンノドウロセイサク
ローマ字:nihonnodouroseisaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東京大学出版会の既刊から
金栄敏/著 三ツ井崇/翻訳
小林延人/編集
エイブラハムフレクスナー/著 ロベルトダイクラーフ/著 初田哲男/監修 野中香方子/翻訳 ほか
五百旗頭薫/編集 小宮一夫/編集 細谷雄一/編集 宮城大蔵/編集 東京財団政治外交検証研究会/編集

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。