近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
財産権は歴史的にどのように設定され,経済活動に影響を与えてきたのか,公と私の権力や秩序との関係性はどのようなものかといった問いに,法学,経済学の知見をふまえて,歴史的な実証を試みる.専門領域を架橋し,近代から現代につながる財産権の位置づけに対して共通の議論の場を構築する.
目次
序 章 財産権の保護と実体経済(小林延人)

第1部 法律学と経済学を架橋する
第1章 財産権と経済活動――法律学の見地から(田中 亘)
第2章 財産権と経済活動――経済学の見地から(有本 寛)

第2部 実証史学からの証言
第3章 国家による債権の認定――藩債処分と大坂両替商・加島屋久右衛門家(小林延人)
第4章 銀行破綻と社員権・債権の整理――昭和金融恐慌における加島銀行の事例(結城武延)
第5章 発明特許は何をもたらしたか――明治日本の近代化過程と特許制度(今泉飛鳥)
第6章 知的財産権と経済成果――審判による秩序形成(西村成弘)
第7章 農地の財産権と秩序――新潟県の軒前制を事例に(齋藤邦明)
第8章 牧野と灌漑用水路をめぐる所有権と経済活動――19世紀から20世紀初頭フランス・オート=ザルプ県を中心に(伊丹一浩)
著者略歴
小林 延人(コバヤシ ノブル kobayashi noburu)
東京都立大学経済経営学部准教授
タイトルヨミ
カナ:ザイサンケンノケイザイシ
ローマ字:zaisankennokeizaishi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東京大学出版会の既刊から
小林延人/編集
藤垣裕子/著 小林傳司/著 塚原修一/著 平田光司/著 中島秀人/著
阿部公彦/著
東京大学高齢社会総合研究機構/編集
川島真/著 清水麗/著 松田康博/著 楊永明/著
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。