近刊検索 デルタ

2021年4月12日発売

NHK出版

異形のものたち

絵画のなかの「怪」を読む
NHK出版新書 651
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
我々は、何に魅入られ 何を恐れてきたのか――?

人獣、モンスター、天使と悪魔、妖精、異様な建造物から魑魅魍魎まで――。
一見して奇異で不穏、そしてメッセージ性に富む「異形のもの」の美術作品は、
画家の「書きたい」という意志をも凌ぐ「見たい」という大きな需要によって支えられてきた。
それら絵画はなぜ描かれ、なぜ鑑賞者に長く熱く支持されてきたのか。
神への畏れ、異性への恐怖、淫欲と虚栄、人間本性への疑義、薄れゆく信仰心……
描かれた怪の中に人間の本質を読む、「怖い絵」シリーズ著者待望の最新刊!
著者略歴
中野 京子(ナカノ キョウコ nakano kyouko)
作家、独文学者。北海道生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了。著書に『「怖い絵」で人間を読む』『印象派で「近代」を読む』『「絶筆」で人間を読む』『美術品でたどるマリーアントワネットの生涯』(NHK出版新書)、『怖い絵』シリーズ(KADOKAWA)、『名画の謎』シリーズ(文藝春秋)、『名画で読み解く ロマノフ家12の物語』『(同)ハプスブルク家12の物語』『(同)ブルボン王朝12の物語』(光文社新書)など多数。2017年に特別監修者を務めた「怖い絵展」は、全国で68万人を動員した。
タイトルヨミ
カナ:イギョウノモノタチ
ローマ字:igyounomonotachi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

NHK出版の既刊から
バーツラフ・シュミル/著 栗木さつき/翻訳 熊谷千寿/翻訳
八津弘幸/著 NHKドラマ制作班/監修 NHK出版/編集
NHK「子ども科学電話相談」制作班/編集 丸山宗利/監修 清水聡司/監修 久留飛克明/監修
八津弘幸/著 NHKドラマ制作班/監修 NHK出版/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
文藝春秋:堂場瞬一 
廣済堂出版:紺野ぶるま 
講談社:はっとりひろき 
幻冬舎:小林由香 
講談社:谷口雅美 あわい 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。