近刊検索 デルタ

2021年10月11日発売

NHK出版

ポスト・ヒューマニズム

テクノロジー時代の哲学入門
NHK出版新書 664
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
なぜいま、哲学で「人間」が大きな問題となっているのか?

本書では、「思弁的実在論」「加速主義」「新実在論」といった話題の現代哲学を解説しながら、その論点をわかりやすく整理。AIからゲノム編集・機械化による人体改造、そして気候危機に資本主義まで。私たちが直面しているテクノロジー時代の具体的な問題を踏まえ、現在起こっている「思想の地殻変動」を鮮やかに描き出す!
著者略歴
岡本 裕一朗(オカモト ユウイチロウ okamoto yuuichirou)
1954年、福岡県生まれ。玉川大学文学部名誉教授。九州大学大学院文学研究科哲学・倫理学専攻修了。博士(文学)。専門は西洋近現代思想。著書に『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)、『フランス現代思想史――構造主義からデリダ以後へ』(中公新書)、『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』(早川書房)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ポストヒューマニズム
ローマ字:posutohyuumanizumu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

NHK出版の既刊から
カルロ・ロヴェッリ/著 冨永星/翻訳
小野正嗣/著
ヤン・マッティ・ドルバウム/著 モルヴァン・ラルーエ/著 ベン・ノーブル/著 熊谷千寿/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:稲葉章 
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。