近刊検索 デルタ

2019年10月30日発売

文藝春秋

高倉健、その愛。

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は五年前に亡くなった高倉健が〝最後に愛した女性〟小田貴月さんによる初の手記です。海外のホテルを紹介するフリーライターだった貴月さんは、香港で偶然、健さんと出逢います。1996年のことです。1年ほど文通が続いた後、貴月さんが仕事でイランへ出発する日の朝、二人は〝急接近〟します。成田行きのリムジンバスに乗ると、健さんから携帯電話に連絡が入りました。「後ろを見て!」。振り向くと、敬礼のポーズをとる高倉健の姿があったのでした……。そしてイランのホテルには、健さんから毎晩のように国際電話が入りました。貴月さんは帰国後、健さんの〝伴奏者〟としての道を選び、それは健さんを看取るまで続きました。〝孤高の映画俳優〟というイメージを崩さないため、外で会うことは一度もなし。彼女は健さんのために家で毎日食事をつくり、ロケの支度をするなど身の回りの世話を焼き、そしてたくさんの会話を重ねたのでした。本書では、貴月さんに直接語った〝言葉〟により、健さんの真の姿を浮き彫りにします。
著者略歴
小田 貴月(オダ タカ oda taka)
タイトルヨミ
カナ:タカクラケン ソノアイ
ローマ字:takakuraken sonoai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。