近刊検索 デルタ

2020年4月27日発売

文藝春秋

駆け入りの寺

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
誰にだって、逃げ出したい時がある――悩みを抱える人々が、駆込寺の門を叩く。落飾した皇女が住持を務める比丘尼御所。そのひとつである林丘寺では、前住持であり後水尾帝の皇女・元瑶と、現住持である霊元帝の皇女・元秀を中心に、宮中と同じような生活が営まれていた。四季折々の年中行事、歴代天皇の忌日法要を欠かさず行い、出家の身でありながら、和歌管弦、琴棋書画を嗜む。尼たちの平穏で優雅な暮らしのなかに、ある日飛び込んできたのは「助けてほしい」と叫ぶ、若い娘だった――。現世の苦しみから逃れた、その先にあるものとは何なのか。雅やかで心に染み入る連作時代小説。
著者略歴
澤田 瞳子(サワダ トウコ sawada touko)
タイトルヨミ
カナ:カケイリノテラ
ローマ字:kakeirinotera

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

文藝春秋の既刊から
堂場瞬一/著
望月麻衣/著 桜田千尋/イラスト
伊岡瞬/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:椎谷晃 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。