近刊検索 デルタ

2018年8月3日発売

文藝春秋

利休にたずねよ

文春文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
わしが額ずくのは、美しいものだけだ──最後まで己の美学を貫き、天下人・秀吉に切腹を命ぜられた千利休。その心の中にいつも棲んでいたのは、十九のときに、殺した女だった……。利休に艶やかな感性を与えた、秘めた恋と人生の謎に迫る 山本文学の金字塔。圧倒的な筆力をもって描かれた第140回直木賞受賞作。2013年には市川海老蔵主演で映画化され、モントリオール世界映画祭で最優秀芸術貢献賞受賞。本文より─なぜだ。なぜ、あんなふうにいともあっさり、美しいものを見つけ出すことができるのか。 ─秀吉──聡すぎはしまいか。聡い男は重宝されても、聡すぎる男は、嫌われる。─家康あなた、ほんとうにわたしでよいのでしょうか。─宗恩2014年に惜しくも逝去された著者と浅田次郎氏との直木賞受賞記念対談も収録。刊行にあたり浅田氏からは「対談によせて」というお言葉もいただいてます。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。