近刊検索 デルタ

2月7日発売予定

文藝春秋

出版社名ヨミ:ブンゲイシュンジュウ

「司馬さん」を語る 菜の花忌シンポジウム

文春文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介

2023年は司馬遼太郎生誕100年!

司馬さんが好きだった花に由来する〈菜の花忌〉。司馬作品にちなんだテーマで、パネリストたちが自由に意見交換をするシンポジウムは、司馬作品のさらなる魅力を見出す場として、定着している。

過去25回の中から17回分のシンポジウム、3本の講演を編んだ、文春文庫オリジナル。新たな気づきを与えてくれる貴重な記録。

目次抜粋)
「竜馬と司馬遼太郎」井上ひさし・檀ふみ・永井路子・松本健一/「二十一世紀に生きる君たちへ」安藤忠雄・井上ひさし・養老孟司/「司馬作品の輝く女性たち」田辺聖子・出久根達郎・岸本葉子/「『坂の上の雲』と日露戦争」篠田正浩・黒鉄ヒロシ・松本健一・加藤陽子/「3・11後の『この国のかたち』佐野眞一・高橋克彦・赤坂憲雄・玄侑宗久/「『関ケ原』——司馬遼太郎の視点」原田眞人・葉室麟・伊東潤・千田嘉博/「土方歳三と河井継之助——『燃えよ剣』『峠』より」小泉堯史・黒川博行・星野知子・磯田道史/「『胡蝶の夢』——新型コロナ禍を考える」澤田瞳子・澤芳樹・村上もとか・磯田道史

講演)福田みどり・養老孟司・沢木耕太郎
著者略歴
司馬遼太郎記念財団編(シバリョウタロウキネンザイダンヘン shibaryoutaroukinenzaidanhen)
タイトルヨミ
カナ:シバリョウタロウヲカタル ナノハナキシンポジウム
ローマ字:shibaryoutarouokataru nanohanakishinpojiumu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。