近刊検索 デルタ

2018年8月3日発売

文藝春秋

殴り合う貴族たち

文春学藝ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
優雅で上品な王朝貴族……それって本当?宮中での喧嘩、他家の従者を撲殺、法皇に矢を射掛ける。拉致、監禁、襲撃もお手の物。加害者は〝優美で教養高い貴公子〟だった! 『源氏物語』には決して描かれなかった、御堂関白藤原道長ら有名貴族の不埒な悪行を、「賢人右府」こと藤原実資の日記『小右記』などから丹念に抽出した意欲作。【貴公子たちの悪行の数々が半端ない!】・宮中で蔵人と乱闘(中関白藤原道隆の孫)・従者を殴り殺す(粟田関白藤原道兼の子息)・しばしば強姦に助太刀する(御堂関白藤原道長の子息)・法皇の従者を殺し、生首を持ち去る(内大臣藤原伊周) ほか「平安貴族とは、こんなにも破廉恥な、野蛮きわまりない者たちだったのか。これまで思い描いてきた、直衣姿や狩衣姿も美々しく、歌を詠み、恋にうつつをぬかしていた貴公子淑女は、いったいどこへいってしまったの? これでもかと暴かれる衝撃的な出来事のオンパレードに、読者は目を丸くするにちがいない」――解説・諸田玲子氏

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。