近刊検索 デルタ

2022年10月5日発売

文藝春秋

出版社名ヨミ:ブンゲイシュンジュウ

帝国の残影 兵士・小津安二郎の昭和史

文春学藝ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『晩春』『麦秋』『東京物語』などの戦後の傑作で「日本の家族像」を確立したとされる監督・小津安二郎。しかし少壮気鋭の歴史学者は、「兵士・小津安二郎」の存在を、今ではあまり注目されない「失敗作」そして当時から現代にいたる膨大な文献を渉猟して炙り出した。中国大陸を転戦し、復員後、直接的には「戦争」を描写しなかったが、小津「らしくない」映画に、戦争の傷は生々しく刻印されていた。映画批評と歴史学が融合し、戦前、戦中、戦後を生き抜いた人々の思いが丸ごと伝わってくる、ユニークな、生きた歴史書。解説・古市憲寿

【目次】
序章 ピースの欠けたパズルー『晩春』批判

第1章 帝国の残影ー小津安二郎の『暗夜行路』

第2章 大陸の光景ー沈黙する前線

第3章 暴力の痕跡ー戦争の長い影

第4章 叛乱の季節ー中国化と日本回帰

終章 呪わしき明治維新ー『東京暮色』讃

増補1 田中眞澄氏の小津安二郎研究ー映画の歴史学

増補2 入れ替わることと一つになることーホー・ツーニェンの歴史実践

増補3 謎を謎のまま忘れないでいるためにー戦後映画史のなかの『火垂るの墓』

学藝ライブラリー版のあとがき 歴史とは「まわり道」

解説 忘れたことを忘れないために 古市憲寿
目次
【目次】
序章 ピースの欠けたパズルー『晩春』批判

第1章 帝国の残影ー小津安二郎の『暗夜行路』

第2章 大陸の光景ー沈黙する前線

第3章 暴力の痕跡ー戦争の長い影

第4章 叛乱の季節ー中国化と日本回帰

終章 呪わしき明治維新ー『東京暮色』讃

増補1 田中眞澄氏の小津安二郎研究ー映画の歴史学

増補2 入れ替わることと一つになることーホー・ツーニェンの歴史実践

増補3 謎を謎のまま忘れないでいるためにー戦後映画史のなかの『火垂るの墓』

学藝ライブラリー版のあとがき 歴史とは「まわり道」

解説 忘れたことを忘れないために 古市憲寿
著者略歴
與那覇 潤(ヨナハ ジュン yonaha jun)
タイトルヨミ
カナ:テイコクノザンエイ ヘイシオズヤスジロウノショウワシ
ローマ字:teikokunozanei heishiozuyasujirounoshouwashi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

文藝春秋の既刊から
堂場瞬一/著
高瀬乃一/著
ウォルター・アイザックソン/著 西村美佐子/翻訳 野中香方子/翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:鈴木ゴータ 
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
講談社:西條奈加 
小学館:堂場瞬一 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。