近刊検索 デルタ

2020年5月2日発売

徳間書店

もうすぐ世界恐慌

そしてハイパー(超)インフレが襲い来る
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
リーマン超えの経済危機が世界を襲う!

いまこそ金を買うのが賢い資産防衛法だ

新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大し、世界の金融市場はパニックに陥った。コロナ大暴落だ。株価急落に危機感を強めた世界の中央銀行は、リーマン後と同様にまたぞろお札を刷り散らして、市場の動揺をおさえるのにやっきだ。しかし、金融市場は乱高下を繰り返し、いっこうに安定しない。
新型肺炎のパンデミックは単なるきっかけにすぎない。世界中で実施されていた株の吊り上げ相場の化けの皮がはがされつつあるからだ。世界経済のインチキがこれから露呈してゆく。すなわちドル覇権の崩壊だ。
アメリカは衰退のスピードを早めて、米ドルは紙切れと化していく。だから、まだまだ金を買うべきなのだ。未曽有のパンデミックから始まった世界経済の大きな構造変化を読み解き、賢い資産防衛の方法を伝授する。
著者略歴
副島隆彦(ソエジマタカヒコ soejimatakahiko)
1953年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授などを歴任。副島国家戦略研究所(SNSI)を主宰し、日本人初の「民間人国家戦略家」として、講演・執筆活動を続けている。日米の政界・シンクタンクに独自の情報源を持ち、金融経済からアメリカ政治思想、法制度論、英語学、歴史など幅広いジャンルで、鋭い洞察と緻密な分析に基づいた論評を展開している。主な著書に、『全体主義の中国がアメリカを打ち倒す』(ビジネス社)、『本当は恐ろしいアメリカの思想と歴史』(秀和システム)、『経済学という人類を不幸にした学問』(日本文芸社)、『米中激突恐慌』(祥伝社)、『人類の月面着陸は無かったろう論』『ドル覇権の崩壊』『絶望の金融市場』(徳間書店)など多数がある。
タイトルヨミ
カナ:モウスグセカイキョウコウ
ローマ字:mousugusekaikyoukou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。