近刊検索 デルタ

2021年7月1日発売

徳間書店

プロレス深夜特急

プロレスラーは世界をめぐる旅芸人
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
小池栄子さん(女優)推薦!
「私がTAJIRIさんを初めて知ったのは
ハッスルのリングでした。
それぞれ個性の強いレスラーの皆さんの中、
私はTAJIRIさんのパフォーマンスに
他の選手達とは違う知的さを感じたのを
覚えています。
この本を読んでその個性のルーツを知りました!
世界を旅した強い肉体!
世界を旅して磨かれた感覚!
プロレスラーTAJIRIがわかる本です。」

特別師弟対談
vs.朱里選手(スターダム)
メキシコ遠征でのすごい体験

プロレスと酒、そして旅があれば生きていける―

世界最大の米WWEから
ノーギャラも当たり前なアジアの新興団体まで
世界のプロレスを知るTAJIRIが放つ
闘いと酒と食と文化と
おかしなヤツらに出会った旅の記録

イタリア、マルタ、ポルトガル、オランダ、
アメリカ、フィリピン、シンガポール、
マレーシア、香港
並みの旅行記では読むことができない
プロレスを通して見えてくる豊穣な世界と
未知なる各国の素顔。

100カット超の激レア現地写真満載
長文な写真キャプションもいちいち楽しめる。
旅とプロレスが存分に楽しめぬコロナ禍の今
読んだそばから、旅の空の下にとべる
窮屈な時代に必読の書!

ハッスル以来の師弟コンビ
スターダムの朱里選手との
旅と人生をめぐる対談も特別収録!

『プロレス/格闘技DX』の超人気連載を
大幅加筆&書き下ろし多数で書籍化!

<目次>
まえがき
プロレスラーは、
プロレスがなければ死んでしまう生き物である

第1章 美少年の国と砂の男の国
イタリア、マルタ篇
◆旅のあと① イタリアの「子供」は今――

第2章 旅人は理想郷をさがし求める
ポルトガル、オランダ篇
◆旅のあと② 危険な街で危険な目に遭わない方法

第3章 プロレスで金持ちになれる世界唯一の国
アメリカ編
◆旅のあと③ なぜアメリカのプロレスは
いつの時代も面白いのか

第4章 混沌と神秘、アジアのプロレス
フィリピン、シンガポール、マレーシア、香港篇
◆旅のあと④ プロレス後進国からの
オファーに応えるのもオレの旅だ

特別師弟対談 vs.朱里(スターダム)
プロレスラーを磨く、タフな旅に出よ!

あとがき
人類が危機に襲われても空は蒼く、
人生の旅は続くのだ
著者略歴
TAJIRI(タジリ tajiri)
1970年9月29日生まれ。熊本県玉名市出身。94年9月19日、IWAジャパンでデビュー。その後、メキシコ・EMLL、アメリカ・ECWなどで活躍後、WWEに入団。“日本人メジャーリーガー”として活躍した。帰国後はハッスルに所属、新日本プロレスに参戦、さらにSMASH、WNCを率いて独自の世界を築き、プロデュース、若手育成にも高い評価を得る。14年にWRESTLE-1に移籍。17年にWWEに復帰するがヒザのケガで退団。同年帰国後、全日本プロレスに参戦、佐藤光留、ウルティモ・ドラゴンを破り世界ジュニアヘビー級王座を2度戴冠。18年に「Jr.TAGBATTLEOFGLORY」で岩本煌史とのタッグ“ひと夏のかげろう”で優勝、秋山準を破りGAORATVチャンピオンシップ王座戴冠などヘビーとジュニアヘビーを超越して活躍。21年1月2日後楽園ホール大会で全日本入団を発表。同年2月、ジェイク・リー率いる新ユニット「TOTALECLIPSE」に加入。172cm、82kg。著書に『TAJIRIザジャパニーズバズソー』『TAJIRIのプロレス放浪記』『プロレスラーは観客に何をみせているのか』。
タイトルヨミ
カナ:プロレスシンヤトッキュウ
ローマ字:puroresushinyatokkyuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

徳間書店の既刊から
アンドレス・イニエスタ/著
日高ショーコ/著
橋本ありな/著 富田恭透/写真
山岸逢花/著 鈴木ゴータ/写真
黄文雄/著
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。