近刊検索 デルタ

2022年3月19日発売

徳間書店

出版社名ヨミ:トクマショテン

「正しさ」の商人

情報災害を広める風評加害者は誰か
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
事実に基づかない「不安と怒り」が
社会を扇動する。

デマ、フェイクニュース、流言蜚語
利益を享受するために「まがいものの正しさ」を
撒き散らす奴らの正体とは――。

「3.11後の福島」で
被災と「風評」の地獄を見た著者が
生々しい実体験と共に
この国に蔓延する「正しさ」の嘘を斬る。

東電原発事故
トリチウム処理水
新型コロナウイルス
HPVワクチン…

恐ろしいのは危機の本体だけではない。
不安と怒りを煽る「情報」が巻き起こす

「情報災害」

そしてそれを広げていく

「風評加害」だ。

『現代ビジネス』『SYNODOS』『正論』など
福島在住のジャーナリストが問う
言論界が注目する、初の著書刊行!

<目次>
はじめに

第1章 「情報災害」とは何か
メディアが「引き金」を引いた
デマや流言、風評は何故発生するのか
「神が去った」時代を迎えた社会
「情報過多」は「情報不足」と同じ
「寝た子は起こすな論」
活動家がデマや差別を再生産する
「嘘も百回い言えば真実となる」…ほか

第2章 複合的「情報災害」と福島
コロナ禍における「情報災害」とデマ
隠蔽、陰謀……テレビ報道による扇動
福島野トリチウムだけが害悪視
活動家の「反対」は何のため、誰のためか
福島と水俣の共通点としての「情報災害」
韓国の外交カードとしての風評扇動
陰に埋もれた「避難するリスク」
「ゼロリスク志向」が生み出す別のリスク
プロパガンダとしての「風評加害」
…他

コラム:「迷信」が差別を引き起こした例

第3章 印象操作という「引き金」
「ほのめかし」報道は何を狙うのか
脱原発学習会報告「福島はレントゲン室と同じ」
差別が原因で福島空港発便がキャンセル
次世代への被曝影響を誤解させる記事
…他

第4章 「情報災害」を記録するということ
福島を巡る言説は現場の声と乖離していた
「フクシマ」は忘却されるのか、消費されるのか
地域の「尊厳の喪失」から立ち上がるために
…他

コラム:放置しても「情報災害」は広がる

第5章 「情報災害」と、その後
「情報災害」の長期的な影響を知る
「浜焼き文化」復活の軌跡――相馬
風評加害と闘った生産者たちの11年――南相馬
ホッキメシと私の故郷――双葉郡
…他

終章 教訓は生かされるのか
マスメディアが「加害」に加担する構図
元首相5人が世界に放った独善の「正しさ」
「間違いの可能性」を含んで情報を伝える必要
…他

おわりに
著者略歴
林智裕(ハヤシトモヒロ hayashitomohiro)
1979年生まれ。福島県出身・在住のジャーナリスト/ライター。『現代ビジネス』『WEDGEInfinity』『SYNODOS(シノドス)』をはじめとしたビジネス誌記事の他、『fukunomo(ふくのも)』『福島TRIP』など地域の銘酒とペアリング、食や観光を紹介する連載も手掛ける。『東電福島原発事故 自己調査報告 深層証言&福島復興提言:2011+10』(細野豪志・著/開沼博・編徳間書店)で取材・構成を担当した他、『福島第一原発廃炉図鑑』(開沼博・編、太田出版)ではコラムの執筆を担当。
タイトルヨミ
カナ:タダシサノショウニン
ローマ字:tadashisanoshounin

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

徳間書店の既刊から
小島みなみ/著 舞山秀一/写真
あさのあつこ/著
吉野信子/著 瑠璃/イラスト トレヴァー・オペルト/著
木下凛々子/著 SATOSHI/写真
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
講談社:鈴木ゴータ 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
講談社:西條奈加 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。