近刊検索 デルタ

2022年10月15日発売

徳間書店

出版社名ヨミ:トクマショテン

ウクライナの戦訓 台湾有事なら全滅するしかない中国人民解放軍

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ウクライナ戦争が戦場の常識を変えた!

もはや最新戦闘機も戦車も「オワコン」となった

ロシア軍によるウクライナ侵攻が戦争の常識を一変させた。ウクライナ軍が圧倒的多数のロシアの戦車や装甲車などの機甲大隊に壊滅的打撃を与えている。その背景には、アメリカやNATO諸国から送られたドローンやHIMARSなどの兵器の存在がある。ロシア軍の旧式な兵器が西側の最新兵器にまったく歯が立たないことがはっきりと証明されてしまったと言えよう。ドローンやジャベリンによって戦車はすでに「オワコン」であることが明らかになった。さらに優れた対空ミサイル網は、いかなる優秀な戦闘機にも航空優勢をとらせない実力を発揮した。こうしたウクライナの戦訓を、習近平の中国が必ず実行するであろう台湾有事に応用したらどうなるのか。ロシアからの軍事技術によって構築された中国軍の装備にはロシア軍と同様の弱点がある。しかも台湾と中国の間には台湾海峡が横たわっている。海からの楊陸はほぼ不可能。輸送船はすべてミサイルで撃沈されるだろう。空挺部隊による侵攻も補給を確保することができず、台湾上陸した中国軍は孤立して全滅するしかなくなるだろう。ウクライナの戦訓をもとに、最新の兵器技術を網羅しつつ総合的な観点から台湾有事の戦い方を検討する。
著者略歴
兵頭二十八(ヒョウドウニソハチ hyoudounisohachi)
昭和35年、長野市生まれ。陸上自衛隊に2年勤務したのち、神奈川大学英語英文科卒、東京工業大学博士前期課程(社会工学専攻)修了を経て、作家・評論家に。既著に『米中「AI大戦」』(並木書房)、『アメリカ大統領戦記』(2冊、草思社)、『「日本陸海軍」失敗の本質』『新訳 孫子』(PHP文庫)、『封鎖戦――中国を機雷で隔離せよ!』『尖閣諸島を自衛隊はどう防衛するか』『亡びゆく中国の最期の悪あがきから日本をどう守るか』(徳間書店)などがある。北海道函館市に居住。
タイトルヨミ
カナ:ウクライナノセンクンタイワンユウジナラゼンメツスルシカナイチュウゴクジンミンカイホウグン
ローマ字:ukurainanosenkuntaiwanyuujinarazenmetsusurushikanaichuugokujinminkaihougun

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

徳間書店の既刊から
吉野信子/著 瑠璃/イラスト トレヴァー・オペルト/著
小島みなみ/著 舞山秀一/写真
木下凛々子/著 SATOSHI/写真
未歩なな/著 植野恵三郎/写真
もうすぐ発売(1週間以内)
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
小学館:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。