近刊検索 デルタ

11月18日発売予定

秋田書店

神さまの怨結び 12

チャンピオンREDコミックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
紅の魔手から逃れるため佐々を抱え外に出た桜。
なんとか彼の真意を知りたい桜だったが、佐々は一切を語ることなくこの世を去る。

そうして使いたる佐々を失った紅だったが、その力を街全体へと伸ばし始めた。

それを感じた蛇はクビツリと「神喰はし」の儀式を急ぎ進める。
「神喰はし」の儀とは、神たる蛇と神具の朽ち縄たるクビツリが一つになり、
クビツリが神になることだった。

儀式で体を重ねる最中、蛇が叶との取り決めを語り始める。
それは「自分が儀式の練習台になる」という叶の覚悟を示すもの……。
その叶の覚悟がクビツリと蛇の気持ちを後押しし、儀式は無事に終わった。

事が成った後、徐々に力を失い始める蛇は、その小さくなっていく己の体を見つめ、
クビツリに本心を、本当の願いを叫ぶ……。

『嫌だ!! 本当はそなたと離れとうない!!』

最後の最後で聞いた蛇の心からの願いにクビツリは、もはや消え入るしかない蛇をそっと抱きしめ、
「今後は俺がお前の代わりになる。お前はもう苦しまなくていいんだ」と言葉を贈る。
それを受け蛇は姿形は変わっても、クビツリはすっと一緒にいてくれると安心し消えていくのだった。

未だ止まらない紅の暴走は、ますます人を凶行に走らせるーー。
果たして神となったクビツリは、いかなる決着をつけるのか!?
そして櫻、叶、名無たち怨結びの呪いに関わった人たちに迫られる選択とは!?
そして、そして蛇は本当に消えてしまったのか!?

少女の想いが紡ぐ官能ダーク・ラブ・サスペンス、ついに終幕!
このクライマックスは見逃せない、見逃してはならない!!
著者略歴
守月史貴(カミヅキシキ kamizukishiki)
タイトルヨミ
カナ:カミサマノエンムスビ
ローマ字:kamisamanoenmusubi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。