近刊検索 デルタ

8月5日発売予定

朝倉書店

植物育種学

朝倉農学大系
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
植物を遺伝的に改良して新品種を作り出す理論と手法を研究する植物育種学について,基礎から先端までを概観する。〔内容〕植物育種学の基礎/栽培植物の起源と進化/植物遺伝資源の開発と利用/遺伝変異の創出,選抜と固定/育種目標
目次
第1章 植物育種と植物育種学   ■奥野員敏
1.1 植物育種と植物育種学の定義
1.2 植物育種の発展
1.3 21世紀における植物育種の課題

第2章 植物育種学の基礎    ■倉田のり
2.1 染色体とゲノム
2.2 遺伝子と形質発現
2.3 質的形質と量的形質
2.4 生殖様式と育種利用

第3章 栽培植物の起源と進化   ■佐藤和広
3.1 野生種の環境適応
3.2 栽培植物の誕生と多様化
3.3 栽培植物の分化と伝播
3.4 栽培化過程における形質変化
3.5 今後の課題

第4章 植物遺伝資源の開発と利用   ■奥野員敏
4.1 植物育種と遺伝資源
4.2 遺伝資源の収集と保全の重要性
4.3 多様な遺伝資源を利用した植物育種
4.4 遺伝資源に関する国際情勢

第5章 遺伝変異の創出    ■村井耕二
5.1 交雑による変異
5.2 染色体およびゲノム操作による変異
5.3 細胞質置換による変異
5.4 人為突然変異
5.5 遺伝子組換えによる変異

第6章 遺伝変異の選抜と固定   ■矢野昌裕
6.1 自殖性作物の育種法
6.2 他殖性作物の育種法
6.3 栄養繁殖作物の育種法
6.4 DNAマーカー選抜育種法
6.5 ゲノミックセレクション

第7章 育種目標     ■佐藤 裕
7.1 早晩性と収量性
7.2 非生物的ストレス耐性
7.3 耐病性と耐虫性
7.4 品質と成分特性

索 引

コラム目次
気候変動と気候変化
顕性・潜性
交配技術
世代促進
著者略歴
奥野 員敏(オクノ カズトシ okuno kazutoshi)
前筑波大学
タイトルヨミ
カナ:ショクブツイクシュガク
ローマ字:shokubutsuikushugaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

朝倉書店の既刊から
安東正樹/編集・監修 白水徹也/編集・監修 浅田秀樹/編集 石橋明浩/編集 小林努/編集 ほか
竹原徹郎/著
井田大輔/著
藤原耕二/著
根上生也/監修・翻訳

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。