近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
畜産学を広範かつ体系的に学習するための入門書.畜産学初学者から実務者まで〔内容〕飼料(粗飼料・草地・濃厚飼料・特殊飼料)/栄養(ウシ・ブタ・ニワトリ)/管理・行動/育種/繁殖/生産物(肉・皮・乳・毛)/衛生・疾病・環境

畜産学を広範かつ体系的に学習するための入門書.
◆研究室ごとの研究紹介になりがちな「畜産学概論(入門)」講義のための教科書.
◆「栄養」「行動」「育種」「生産物」といった別々の講義で解説される事柄を関連付けてコンパクトに.
◆飼料から管理・衛生といった,実際の農業現場でも役立つ知見が満載.

執筆者一覧
編集者
小林泰男 北海道大学大学院農学研究院

執筆者(五十音順)
上田宏一郎 北海道大学大学院農学研究院
口田圭吾 帯広畜産大学生命・食料科学研究部門
玖村朗人 北海道大学大学院農学研究院
小林泰男 北海道大学大学院農学研究院
髙橋俊彦 酪農学園大学農食環境学群
高橋昌志 北海道大学大学院農学研究院
西田武弘 帯広畜産大学生命・食料科学研究部門
西邑隆徳 北海道大学大学院農学研究院
花田正明 帯広畜産大学生命・食料科学研究部門
森田 茂 酪農学園大学農食環境学群
目次
第1章 飼料(草地・粗飼料) [花田正明]
 1.1 草地
  1.1.1 世界の土地利用と飼料生産 /1.1.2 草地の放牧利用 /1.1.3 草地の採草利用
 1.2 粗飼料の種類と特徴
  1.2.1 牧草類 6/1.2.2 飼料作物 /1.2.3 作物副産茎葉類 /1.2.4 野草類 /1.2.5 木質系飼料 

第2章 飼料(濃厚飼料・特殊飼料) [西田武弘]
 2.1 穀類 
  2.1.1 トウモロコシ /2.1.2 グレインソルガム /2.1.3 大麦 /2.1.4 小麦 /2.1.5 エンバク
 2.2 豆類(大豆)
 2.3 植物性油粕類
  2.3.1 大豆粕 /2.3.2 綿実粕 /2.3.3 アマニ粕 /2.3.4 ナタネ粕
 2.4 ヌカ類
  2.4.1 米ヌカ /2.4.2 小麦フスマ /2.4.3 コーングルテンフィード /2.4.4 コーングルテンミール /2.4.5 ビートパルプ /2.4.6 ビール粕 /2.4.7 脱脂粉乳,ホエイ /2.4.8 コーンジスチラースグレイン /2.4.9 糖蜜 
 2.5 濃厚飼料利用の現状
  2.5.1 濃厚飼料の生産および需給 /2.5.2 濃厚飼料の価格 /2.5.3 エコフィード
 2.6 特殊飼料
 2.7 遺伝子組換え生物
 2.8 飼料安全法

第3章 栄養(ウシ) [上田宏一郎]
 3.1 反芻動物の消化と吸収
  3.1.1 消化管の構造と機能 /3.1.2 第一胃の微生物と環境 /3.1.3 第一胃の消化と吸収 /3.1.4 第三胃以降の消化と吸収
 3.2 反芻動物における栄養素の利用
  3.2.1 炭水化物 /3.2.2 タンパク質 /3.2.3 脂質 
 3.3 ウシの生産と栄養
  3.3.1 乳用牛 /3.3.2 肉用牛

第4章 栄養(ブタ・ニワトリ)[小林泰男]
 4.1 ブタ
  4.1.1 飼養と留意点 /4.1.2 栄養素とその充足 /4.1.3 摂取飼料と栄養素の行方 /4.1.4 栄養管理 /4.1.5 ブタと環境問題 
 4.2 ニワトリ
  4.2.1 飼養と留意点 /4.2.2 栄養素とその充足 /4.2.3 摂取飼料と栄養素の行方 /4.2.4 栄養管理

第5章 管理・行動 [森田 茂]
 5.1 アニマルウェルフェアと動物の管理
  5.1.1 アニマルウェルフェアの考え方 /5.1.2 5つの自由・解放 /5.1.3 家畜管理改善への利用および生産物認証
 5.2 環境と家畜管理
  5.2.1 気象・気候的環境 /5.2.2 化学・物理的環境 /5.2.3 生物的環境
 5.3 家畜行動と家畜の管理
  5.3.1 行動の発現 /5.3.2 摂取行動 /5.3.3 休息行動 /5.3.4 排泄行動 /5.3.5 社会行動 /5.3.6 生殖行動 /5.3.7 葛藤・異常行動
 5.4 その他の飼養管理
  5.4.1 搾乳 /5.4.2 除角 /5.4.3 去勢 /5.4.4 断尾 /5.4.5 削蹄 /5.4.6 デビーク /5.4.7 強制換羽

第6章 育種 [口田圭吾]
 6.1 家畜の品種
  6.1.1 肉用牛の品種 /6.1.2 乳用牛の品種 /6.1.3 ブタの品種 /6.1.4 ニワトリの品種
 6.2 日本の家畜改良の状況
  6.2.1 「家畜改良増殖目標」および「鶏の改良増殖目標」 /6.2.2 日本の家畜改良の状況
 6.3 質的形質と量的形質
  6.3.1 表現型値の構成 /6.3.2 遺伝子頻度と遺伝子型頻度 /6.3.3 相加的遺伝子効果と育種価
 6.4 遺伝的パラメータ
  6.4.1 遺伝率 /6.4.2 反復率 /6.4.3 遺伝相関
 6.5 選抜
  6.5.1 順繰り選抜法 /6.5.2 独立淘汰水準法 /6.5.3 選抜指数法
 6.6 後代検定とゲノミック評価
 6.7 近交係数
 6.8 近交退化
 6.9 遺伝的多様性

第7章 繁殖 [高橋昌志]
 7.1 生殖器
  7.1.1 家畜の生殖器 /7.1.2 家禽の生殖器
 7.2 生殖細胞の形成
  7.2.1 精子形成 /7.2.2 家畜の卵子形成,排卵,受精と初期発生 /7.2.3 家禽の排卵(産卵)と受精
 7.3 性周期と生殖に関与する内分泌
 7.4 妊娠認識,着床と胎盤形成
  7.4.1 妊娠認識 /7.4.2 胎盤形成
 7.5 妊娠の経過と鑑定
  7.5.1 発情回帰による判定(ノンリターン法) /7.5.2 直腸検査法 /7.5.3 超音波診断法 /7.5.4 血中,乳中ホルモン測定 /7.5.5 インターフェロン誘導性遺伝子(ISG)検出
 7.6 分娩
 7.7 繁殖の人為制御
  7.7.1 人工授精 /7.7.2 受精卵移植 /7.7.3 受精卵の性判定と分別 /7.7.4 生殖組織,細胞の保存 
 7.8 生殖工学
  7.8.1 核移植とクローン技術 /7.8.2 遺伝子組換え技術

第8章 生産物(肉・皮) [西邑隆徳]
 8.1 食肉の構造
  8.1.1 骨格筋の構造 /8.1.2 筋線維の構造 /8.1.3 筋原線維の構造 /8.1.4 筋肉内結合組織の構造 /8.1.5 心筋の構造 /8.1.6 平滑筋の構造
 8.2 食肉の成分と保健的機能性
  8.2.1 食肉の成分 /8.2.2 食肉の保健的機能性
 8.3 皮の特性
  8.3.1 皮の構造と成分 /8.3.2 家畜皮の特徴

第9章 生産物(乳・卵・毛) [玖村朗人]
 9.1 乳の成分,性質とその利用
  9.1.1 乳の成分組成と乳牛の各泌乳段階にともなう成分変化 /9.1.2 異常乳 /9.1.3 各種乳成分の合成と性質,測定法 /9.1.4 乳・乳製品に関する法令と各種牛乳・乳製品 /9.1.5 乳製品の品質,栄養評価と機能性
 9.2 卵の生産と卵の成分,性質とその利用
  9.2.1 卵の形成 /9.2.2 卵の構造と各部位における成分 /9.2.3 卵の品質と規格 /9.2.4 卵の加工品と加工特性 /9.2.5 卵の機能性
 9.3 毛の特性と利用法
  9.3.1 毛の構造 /9.3.2 毛皮の製造 /9.3.3 毛皮および毛の種類と利用

第10章 衛生・疾病 [髙橋俊彦]
 10.1 衛生管理
  10.1.1 飼養衛生管理基準の概要 /10.1.2 疾病予防対策 /10.1.3 ワクチンプログラム /10.1.4 薬剤などの投与プログラム /10.1.5 休薬期間,病原体の侵入防止と消毒 /10.1.6 害虫,衛生動物の駆除 /10.1.7 牛農場のバイオセキュリティ /10.1.8 乳牛の飼養管理と衛生
 10.2 放牧衛生
  10.2.1ウシ放牧の衛生管理 /10.2.2 放牧衛生管理プログラム /10.2.3 入牧時検査と放牧中の衛生管理 /10.2.4 衛生害虫の対策
 10.3 搾乳衛生
 10.4 動物の疾病
  10.4.1 監視伝染病 /10.4.2 家畜伝染病(法定伝染病) /10.4.3 届出伝染病

索引
著者略歴
小林 泰男(コバヤシ ヤスオ kobayashi yasuo)
北大
タイトルヨミ
カナ:チクサンガクガイロン
ローマ字:chikusangakugairon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

朝倉書店の既刊から
笹嶋宗彦/編集
松山洋/編集 増田耕一/編集
S.I.レズニック/著 国友直人/翻訳 栗栖大輔/翻訳
渡邉早苗/著・編集 山田哲雄/著・編集 吉野陽子/著・編集
犬伏和之/編集 白鳥豊/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:赤福大和 さばみぞれ 
成美堂出版:マカベアリス 
双葉社:朝倉宏景 
風媒社:東谷護 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。