近刊検索 デルタ

2021年2月10日発売

池田書店

ゴルフ+50ヤード飛ぶ!超図解・欧米トッププロスイング

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ゴルフの欧米トッププレイヤーは、日本のプロゴルファーとはまったく違うスイングをしているらしい・・・・・・という認識は徐々に広まりつつあります。そのメカニズムを解明したオーストラリアのカリスマコーチ、板橋繁プロが提唱する「G1メソッド」を、動画と精細なイラスト図解で、とことんわかりやすく解説します。G1メソッドは、決して手首を返さず、クラブヘッドの裏側が地面方向を向いたままダウンスイングし、しかもフィニッシュまでクラブヘッドはつねに背中側にあり、最後まで身体の前には出てこないという、驚きのスイング。「そんな動きは不可能だ」「極端なシャロースイングで、ボールに当たるわけがない」という声もよく聞きます。本書では、その疑問に答えるために、板橋プロによる細かな動きやメカニズムの解説をたっぷり収録した、特別撮り下ろし動画をご用意。スマートフォンでQRコードを読み取ることで視聴できます。そして動画に連動したイラスト図解で、動画ではわからない具体的な理論を解説します。このイラストは板橋プロのもとで10年以上G1メソッドを学んだイラストレーター、Yuichi・K氏による3Dモデルよりおこした正確無比な描写です。さらに実戦的な練習ドリルも12種紹介。動画と精密イラスト、さらに効果的な練習メニューで、欧米トッププロのスイングの秘密がとことんわかり身につく、ゴルフ新時代の必携の書です。
目次
巻頭カラー これがG1スイングだ!
はじめに G1スイング体得者の声
序章 G1スイング発動! ~板橋繁プロのゴルフストーリー~
第1章 欧米トッププロのスイングからG1スイングを学ぶ
第2章 欧米トッププロスイングを形作るディテール ~身体の部位の動きを追う~
第3章 欧米トッププロスイングと日本式スイングの違い
第4章 超図解・G1スイング
第5章 欧米トッププロスイングを体得する! 反復ドリル12種
著者略歴
板橋 繁(イタバシ シゲル itabashi shigeru)
1967年生まれ。Gold One Golf School ディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部(USGTF JAPAN)主席試験官。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。専門はトレーニング論と身体動作学。大学在学中はゴルフ部に所属し、卒業後はコーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルファーのトレーニングを指導する。日体大ゴルフ部男子部コーチ・女子部監督に就任した後、1995年にオーストラリアに渡ってヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは豪州のトッププロ育成学校、A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務める。運動力学を主体にした独自のコーチング理論は、メンタルコントロール論とともに、多くのゴルファーから絶大な支持を得ている。著書に『世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法』『同 実践編』(ブルーバックス/講談社)がある。
Yuichi・K(ユウイチ ケイ yuuichi kei)
タイトルヨミ
カナ:ゴルフプラスゴジュウヤードトブチョウズカイオウベイトッププロスイング
ローマ字:gorufupurasugojuuyaadotobuchouzukaioubeitoppupurosuingu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
学研プラス:G・MASUKAWA なんばきび 
潮書房光人新社:楊海英 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。