近刊検索 デルタ

2021年9月25日発売

医歯薬出版

発達段階を考えたアセスメントにもとづく 小児看護過程 第2版

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ゴードンの機能的健康パターンに沿ってアセスメントを展開し看護につなげる、小児看護実習に臨む学生の必携書

●ゴードンの機能的健康パターンを主軸に、子どもの発達段階をふまえた総合的な視点なアセスメントにもとづく看護過程を学べる好評書の改訂版。
●発達・健康・生活・家族をキーワードに子どもと家族をとらえ、小児看護において看護過程を展開するための知識と方法を整理。
●学生が実習で受け持つ機会のある8事例について看護過程を展開する。第2版より新たに「ネフローゼ症候群(入院)」「気管支喘息(発作時入院)」「小児がん(化学療法中)」を収載。


【目次】
第1章 小児看護における看護過程
 1 小児看護の変遷
 2 小児看護の目標
 3 小児看護における看護過程の展開
 4 ゴードンの機能的健康パターンを用いたアセスメント
第2章 小児の看護展開に必要な基本知識
 1 子どもの成長・発達
 2 病気・入院への子どもの理解
 3 子どもの病気・入院と子どもの権利
第3章 小児の看護過程の実際―事例展開
 イントロダクション
 事例1 急性胃腸炎で入院となったAちゃん
 事例2 はじめての入院で手術を受けるBくん
 事例3 潰瘍性大腸炎により長期療養が必要となったCくん
 事例4 医療的ケアを必要とする在宅療養のDくんとその家族
 事例5 ネフローゼ症候群により新たなセルフケアが必要となったEくん
 事例6 気管支喘息治療中の発作出現により入院となったFちゃん
 事例7 小児がんの発症がわかったGくん
 事例8 長期化する小児がんの治療を受けているGくん
著者略歴
茎津 智子(クキツ トモコ kukitsu tomoko)
タイトルヨミ
カナ:ショウニカンゴカテイ
ローマ字:shounikangokatei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

医歯薬出版の既刊から
小口和代/監修 後藤進一郎/編集 田中元規/編集
白石壽美子/編集 武政奈保子/編集
全国歯科技工士教育協議会/編集
佐々生康宏/著 奥野健太郎/著
岡田忍/編集 小池和子/編集 白澤浩/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
講談社:講談社 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。