近刊検索 デルタ

2022年10月5日発売

医歯薬出版

出版社名ヨミ:イシヤクシュッパン

治せる?治せない?摂食嚥下障害への視点と対応 まだまだあるぞ!できること

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「もう治らない」と言われたその摂食嚥下障害、
まだまだよくできる! 口から食べられる!!
摂食嚥下障害の治療とケアに関わる、医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士・管理栄養士/栄養士・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・薬剤師etc……全ての職種に!

・摂食嚥下障害への対応は、嚥下訓練だけではありません。その患者さんに、まだまだできることがあるはずです!

●本書のねらい(Preface より)
嚥下機能だけではなく先行期と準備期の問題も多く含む摂食嚥下障害が増加し、自然経過を待ったり、嚥下機能の「機能回復を目的とした訓練」では治らない患者層が増えてきた。そしてこれらの摂食嚥下障害では、「治る」「治せる(訓練・治療・支援などが奏功して改善できる、リスクをコントロールしながら食べさせることができる)」「治らない(訓練・治療などでは改善が困難)」部分が複合しており、cure(治す)だけではなくcare(支援する)を含めた対応が求められる。
背景、複合疾患もさまざまであり、原因も対応も複雑化した摂食嚥下障害に対し、
・ どこを治せて、どう治すのか?/・ どこが治せなくて、どう対応したらよいのか?/・ 今後どのように悪くなっていき、そのとき何をするべきなのか?
─このような視点から摂食嚥下障害を見つめ直し、すべてを治せるわけではなくても、治せないことに医療者はどう立ち向かっていくのか─「まだできることがあるはずだ!」という医療者を応援したい。

【目次】
 Preface
Part 1 どこまで「治せる」? 「治せない」摂食嚥下障害に何ができる?―いま臨床現場で起こっていること,そしてこれからは?
Part 2 さまざまな臨床症状と対応
Part 3 事例紹介
 COLUMN
 Index
著者略歴
藤本 篤士(フジモト アツシ fujimoto atsushi)
野原 幹司(ノハラ カンジ nohara kanji)
小山 珠美(コヤマ タマミ koyama tamami)
金沢 英哲(カナザワ ヒデアキ kanazawa hideaki)
武井 典子(タケイ ノリコ takei noriko)
タイトルヨミ
カナ:ナオセルナオセナイセッショクエンゲショウガイヘノシテントタイオウ
ローマ字:naoserunaosenaisesshokuengeshougaihenoshitentotaiou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:鈴木ゴータ 
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
講談社:西條奈加 
小学館:堂場瞬一 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。