近刊検索 デルタ

2021年12月17日発売

オーム社

掘削技術の知識と実務―ロータリー式掘削編―

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
資源探査、地熱発電所開発に欠かせないロータリー式掘削の実務がわかる本
孔井掘削はボーリングあるいはドリリングといわれ、建設工事調査、建築物の基礎工事、石油・天然ガス・地熱・金属鉱床などの地下資源調査開発、学術調査、土壌・地下水汚染や地すべりの調査など広範囲の分野に欠かせない技術です。その掘削方式は衝撃式、回転式、回転・振動式に分かれ、中でもよく用いられる回転式はスピンドル掘削機またはロータリー掘削機を用いるものが主流です。本書は、特にロータリー掘削機をメインとして、掘削にかかわる計画、準備、装置の原理と使い方、実際の掘削作業、後処理などの実務的な内容を図や写真を多用して詳細に解説するものです。
著者略歴
学校法人ジオパワー学園(ジオパワーガクエン jiopawaagakuen)
タイトルヨミ
カナ:クッサクギジュツノチシキトジツムロータリーシキクッサクヘン
ローマ字:kussakugijutsunochishikitojitsumurootariishikikussakuhen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

オーム社の既刊から
曽我部東馬/著 曽我部完/監修
送電鉄塔研究会/著
福江純/著 福江翼/著 福江慧/著 UNSUIWORKS+YTI/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
NHK出版:藤本有紀 NHKドラマ制作班 NHK出版 
三笠書房:清水建二 すずきひろし 
中央公論新社:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。