近刊検索 デルタ

2022年12月14日発売

株式会社音楽之友社

出版社名ヨミ:オンガクノトモシャ

音楽でかわる 高齢者の心とからだ

すぐに役立つ スペシャリストの音楽療法
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
音楽療法の第一人者・佐治順子氏による、手軽な実践本。
音楽によって輝き、元気になる音楽療法の知恵をあなたに。

著者の豊富な経験をもとに、特に高齢者に効果のある実践を行うための方法を、イラストや楽譜、図表を使ってていねいに解説。本書で紹介するセッションの主な対象者は、健常者、デイケア通所者、施設入居者、パーキンソン病患者。

本書の内容は、高齢者専門の音楽療法士の方だけでなく、これから音楽療法を学びたいと思っている方、音楽療法に関心のある方、介護職、看護職、教員職、保健福祉関係職の方、そして高齢者がいらっしゃるご家族の方にも、即効性がある。

セッションで実際に使える4つの付録(アンケート用紙、和音奏の例、評価表、プログラム選曲リスト)は本書ならでは。
音楽の知識は少しで充分。心とからだは音楽でかわる!
目次
この本を読まれる方へ
はじめに
1.音楽療法とは
2.音楽療法の現場をのぞいてみよう
Part 1 音楽療法をはじめる前に
1.セッション日前までに理解しておくこと
0)実践の流れ
1)実践場所
2)参加者の情報
3)集団療法と個人療法
4)1グループの人数
5)セッションの頻度と1回の時間
6)会場の配置
7)使用する道具・楽器
8)スタッフの役割分担の確認
2.プログラムを作成してみよう!
1)プログラム作成の 3つの心得!
2)参加者は3つのパターンに分けられる
3)プログラムの全体像
Part 2 さぁ! 実際にセッションをはじめよう
1.セッションをはじめよう
Before その前に
No.1 あいさつ歌・手遊び歌
No.2 体操
No.3 季節の歌・唱歌
No.4 演歌・歌謡曲
No.5 民謡
No.6 終わりの歌
After 終了後
2.慣れてきたら、チャレンジ!
1)調(歌う音域)をかえてみよう
2)テンポをかえてみよう
3)強弱をかえてみよう
4)山場(クライマックス)をかえてみよう
More もっと知りたい! 音楽療法
1.反応と対応
2.アセスメントって?
3.音楽療法による変化
4.音楽療法の効果の事例
5.セッション中の固有テンポ
6.テンポの微調整と引き込み現象
7.もっと知りたい! Q&A
付録
音楽療法アンケート用紙
高齢者音楽療法因子評価表 (佐治改版)
プログラム 選曲リスト
参考文献
著者略歴
佐治 順子(サジ ノブコ saji nobuko)
東京芸術大学音楽学部卒、同大学院修了。東北大学大学院後期博士課程修了、博士(教育学)。昭和音楽大学、宮城大学、鈴鹿短期大学などで教鞭を執り、世界音楽療法連盟臨床実践委員長、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジのリサーチフェローを歴任。現在宮城大学名誉教授、日本音楽療法学会関東支部幹事、同学会認定音楽療法士。単著『認知症高齢者の音楽療法に関する基礎的研究』(風間書房)、共訳『音楽療法の意味』(本の森)他。
タイトルヨミ
カナ:オンガクデカワル コウレイシャノココロトカラダ
ローマ字:ongakudekawaru koureishanokokorotokarada

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

株式会社音楽之友社の既刊から
レコード芸術/編集
島岡譲/著 柳田憲一/編集協力
永井玉藻/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:やまもとりえ 
成文堂:長谷川貞之 
風媒社:溝口常俊 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。