近刊検索 デルタ

2019年1月25日発売

音楽之友社

もっと音楽が好きになる 上達の基本 パーカッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
一流の音楽家がこぞって大切にしているのは「基本」だった! 毎日上達し続けるために必要不可欠な楽器演奏の「基本」を、第一線に立つ演奏家たちが丁寧に解説。大切な「基本」だから、入門者から役に立つ。上質な「基本」だから、中上級者でも新たな世界が拓けてくる。芯のある「基本」だから、毎日の練習が「上達」の繰り返しに生まれ変わる!
全体は4章構成。音楽を始める前の準備、自由に音を奏でる技術、身につけた奏法を活かす音楽表現、そして「ずっと」音楽を続けるための音楽観をそれぞれ伝える。さらに、持ち運びにも便利な付録「デイリートレーニング・シート」には、著者オリジナルの基礎練習パターンを両面掲載。一流の経験から磨かれた練習法は、憧れの音を手に入れるための最良の道!
「パーカッション」では、奏法の基礎はもちろん、他の楽器との関係における打楽器の立ち位置を解説。指揮者でもある著者の面目躍如たる一冊。
目次
はじめに

きほんの「き」:音楽を始める前に
その1:打楽器は主役? 脇役?
その2:太鼓は歌い・踊る
その3:打楽器だから出来ること
その4:理想的なカラダとは
その5:理想的な脱力
その6:落とすとは
その7:準備
その8:きほんの「き」おさらい

きほんの「ほ」:自由に音を奏でよう
その1:基礎練習を極める(1)基礎練習のための準備
その2:グリップについて
その3:落として拾う
その4:バスケットのドリブル
その5:ここまでのまとめ
その6:基礎練習を極める(2)基礎練習の心得と組み立て
その7:基礎練習を極める(3)目的別基礎練習メニュー
その8:太鼓マイスターになろう
その9:ティンパニ篇
その10:小太鼓篇
その11:大太鼓篇
その12:鍵盤楽器を楽しもう
その13:金属打楽器・小物打楽器を極める
その14:合わせシンバル
その15:サスペンデッド・シンバル
その16:トライアングル
その17:タンバリン
その18:カスタネット
その19:きほんの「ほ」おさらい

きほんの「ん」:奏法から表現へ
その1:演奏するアタマとココロ
その2:音は呼吸する
その3:見えないものとの距離感
その4:そのフレーズはリズミック? メロディック?
その5:打楽器的スコア解読のススメ
その6:作曲家から見た打楽器
その7:アンサンブルとセッティング
その8:打楽器から見る音世界
その9:きほんの「ん」おさらい

きほんの「上」に:楽しく音楽を続けよう
その1:これからも楽器と友人であるために
その2:バチ/マレットを何組持っていますか?
その3:楽器・マレット マル秘購入術
その4:あなたの楽器、疲れていませんか?
その5:楽器と語ろう。音楽を語ろう。

おわりに

●特別寄稿「本番力」をつける、もうひとつの練習:誰にでもできる「こころのトレーニング」(大場ゆかり)
著者略歴
冨田 篤(トミタ アツシ)
打楽器奏者。ブリヂストン吹奏楽団久留米音楽監督・常任指揮者、活水女子大学講師。プロオーケストラへの客員出演、ソロ、アンサンブルなどの演奏活動のほか、九州各地のスクールバンド指導や、様々なコンクール・コンテストの審査員に招聘されている。第28回全日本アンサンブルコンテスト「大学の部」では熊本県立盲学校アンサンブル部を全国大会金賞に導いた。著書『息を聴け』で第28回熊日出版文化賞・特別賞を受賞。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

音楽之友社の既刊から
竹久夢二/著 信長貴富/著
ミヒャエル・クーベ/著 ペーター・ロッゲンカンプ/著 神部智/翻訳
本日のピックアップ
誠文堂新光社:MJ無線と実験編集部 
コロナ社:川村貞夫 小澤隆太 塩澤成弘 吉岡伸輔 伊坂忠夫 平井宏明 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。