近刊検索 デルタ

2019年12月10日発売

株式会社音楽之友社

生誕250年 ベートーヴェンの交響曲・協奏曲

演奏家が語る作品の魅力とその深淵なる世界
ONTOMO MOOK
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ジョン・エリオット・ガーディナー、サイモン・ラトル、パーヴォ・ヤルヴィ、小林研一郎、飯守泰次郎といったベートーヴェンの交響曲演奏に定評のある現役の名指揮者から、朝比奈隆、フランス・ブリュッヘンなど往年の〝ベートーヴェン指揮者〟たちがその交響曲の魅力とその演奏法などについて語る。併せて、さまざまな指揮者のタクトでベートーヴェンの交響曲を演奏してきた日本のオーケストラ・プレイヤーが演奏の難しさ、その魅力を紹介。また、音楽評論家の皆さんがベートーヴェンの交響曲、協奏曲の魅力、そのスペシャリストと言うべき“ベートーヴェン振り”もご紹介、作品のオーケストレーションなど、細部についても詳細に考察する。
著者略歴
音楽の友(オンガクノトモ ongakunotomo)
レコード芸術(レコードゲイジュツ rekoodogeijutsu)
タイトルヨミ
カナ:ベートーヴェンノコウキョウキョクキョウソウキョク
ローマ字:beetoovennokoukyoukyokukyousoukyoku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

株式会社音楽之友社の既刊から
ジャン=ジャック・エーゲルディンゲル/著 米谷治郎/訳 中島弘二/訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
ロングセラーズ:池口恵観 
日経BP:井上竜夫 オートデスク株式会社 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。