近刊検索 デルタ

2018年10月29日発売

日経BP

ディープラーニング活用の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
AIは研究から実用フェーズへ――

急速に広がるディープラーニング活用の今と未来がわかる!

国内35社の事例を体系的に取り上げ、先駆者が苦労したポイントを解説



<日本ディープラーニング協会監修>

活用を検討する企業でよく生じる疑問にも答えます。

次世代の新規事業や業務改善の企画に欠かせない1冊!



インターネットに遅れること20年、ディープラーニングは、

「汎用目的技術」の1つとして、あらゆる産業を変えていくとみられています。

汎用目的技術とは、古くは動物の家畜化、車輪、印刷の発明から、鉄道、電気、

自動車、インターネットまで「原理は単純で汎用的でさまざまなことに利用できる」

技術のことをいいます。



本書は、ディープラーニングが与えるインパクトを事例を基に解説します。

第1章では、東京大学大学院工学系研究科 特任准教授の松尾豊氏が描く「ディープラーニングをベースにしたAIの技術的発展」(ロードマップ)を解説。

第2~5章ではこのロードマップを基に国内の先進事例を分類して紹介していきます。

カツ丼の盛り付けを判定、泳ぐマグロの数を数える、クリーニング衣類を判別、文章の校閲、河川の護岸の傷判定、送電線の異常検知、道路下の空洞を探る、タクシーの乗客数予測、テレビCMの効果を予測、お弁当の盛り付け、重機で自動掘削、白黒映像の色付け、仮想アイドル画像の生成、プロ並みアナウンサー、人の話し方をまねる……続々登場する、こうしたディープラーニングの驚異の活用法が分かります。

目次
第1章 ディープラーニングの発展予測

第2章 [Step1] 人の「眼」となり単純作業から解放する

第3章 [Step2] 「五感」を担い行動予測や異常検知を実現

第4章 [Step3] 現実社会に柔軟に対応 「ロボット」「自動運転」の時代

第5章 「創作」業務へも広がる活用範囲

第6章 ビジネス活用Q&A

    ──向く分野/向かない分野、データ、人材、投資などの悩みに回答

著者略歴
日経クロストレンド(ニッケイクロストレンド)
新市場を創る人のデジタル戦略メディア。企業の新規事業開発、マーケティング関連業務を手掛ける方へ向けて、消費/マーケティング、経営/イノベーション、データ/テクノロジー、中国/米国、スキルアップ分野の実務に役立つ情報を日々届ける。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

日経BPの既刊から
玉手義朗/著
室井一辰/著
日経ビジネスアソシエ/編集
日経トレンディ/編集
本日のピックアップ
大蔵財務協会:廣川昭廣 舛巴啓二 林義章 
日経BP:日経ビジネス 
コロナ社:川村貞夫 小澤隆太 塩澤成弘 吉岡伸輔 伊坂忠夫 平井宏明 ほか
現代人文社:榎澤幸広 清末愛砂 飯島滋明 池田賢太 奥田喜道 永山茂樹 

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。