近刊検索 デルタ

2019年12月21日発売

技術評論社

[改訂新版]jQueryポケットリファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
JavaScriptの定番ライブラリ「jQuery」の最後発で最新なリファレンスブック登場!
初版はおよそ9年前に発売されましたが、あまたのバージョンアップ版の要望に応え、ようやく筆者が重い腰を上げて最新版で書き上げてくれました。ほかにもたくさんのJavaScriptライブラリがありますが、さまざまな有名サイトで使用され、そのメンテナンスやサイトのバージョンアップなどにもニーズがあるかと思われます。いまやWebデザイナーでもJavaScriptをかくことが要求され当然のように依頼されることもあります。jQueryの学習と知りたい機能を探すことができるリファレンス、いいところどりのポケットリファレンスでWebをもっとよくしていきませんか!
目次
■1章 WebとjQueryの基本
1.1 Webページを構成する要素
1.2 Webの仕組みとAjax
1.3 Ajaxアプリケーション・ライブラリjQuery
■2章 開発環境
2.1 環境を整える
2.2 jQueryの入手
2.3 jQueryの導入
2.4 jQueryを利用するWebページ
2.5 CDNを利用する
■3章 jQueryのコア・オブジェクト
3.1 「jQuery」オブジェクト
3.2 jQueryの別名「$」
3.3 jQueryメソッド
3.4 セレクタを用いてDOM要素の集合を取得する
3.5 HTML文字列からjQueryオブジェクトを生成する
3.6 DOM要素からjQueryオブジェクトを生成する
3.7 $(document).ready()の短縮
3.8 $(window).on('load')と$(document).ready()
3.9 readyイベントの保留
3.1 readyイベント時のエラー
3.11 他のJavaScriptライブラリとの共存
3.12 jQueryオブジェクトのプロパティ
■4章 DOMの操作
4.1 要素内の最後に、要素、HTML、jQueryオブジェクトを挿入する
4.2 要素、HTML、jQueryオブジェクトを要素の末尾に挿入する
4.3 要素内の先頭に、要素、HTML、jQueryオブジェクトを挿入する
4.4 要素、HTML、jQueryオブジェクトを要素の先頭に挿入する
4.5 要素の後ろに、要素、HTML、jQueryオブジェクトを挿入する
4.6 要素の前に、要素、HTML、jQueryオブジェクトを挿入する
4.7 要素を複製する
4.8 要素、HTML、jQueryオブジェクトを要素の後ろに挿入する
4.9 要素、HTML、jQueryオブジェクトを要素の前に挿入する
4.1 要素にクラス指定を追加する
4.11 要素にクラスが指定されているか調べる
4.12 要素からCSSクラス指定を削除する
4.13 要素を削除する
4.14 要素を一時的に削除する
4.15 要素のすべての子ノードを削除する
4.16 要素の最初のアトリビュート値を取得する
4.17 要素に対してアトリビュート値を設定する
4.18 要素から指定したアトリビュートを削除する
4.19 すべての対象要素を置換する
4.2 対象要素をすべて置換する
4.21 要素それぞれに親要素を追加する
4.22 要素の親要素を削除する
4.23 要素をまとめて親要素を追加する
4.24 要素それぞれの内側に親要素を追加する
4.25 要素からHTML文字列を取得する
4.26 要素にHTML文字列を設定する
4.27 要素からテキスト文字列を取得する
4.28 要素にテキスト文字列を設定する
4.29 フォーム要素から値を取得する
4.3 フォーム要素に値を設定する
4.31 プロパティを取得・設定する
4.32 プロパティを削除する
■5章 セレクタ
5.1 全選択
5.2 id
5.3 クラス
5.4 要素
5.5 複数のセレクタをまとめて使う
5.6 インデックスによるセレクタ
5.7 コンテンツの内容によるセレクタ
5.8 子ノードのセレクタ
5.9 階層のセレクタ
5.1 可視条件のセレクタ
5.11 フォームのセレクタ
5.12 属性のセレクタ
5.13 拡張セレクタ
5.14 セレクタ文字のエスケープ
■6章 jQueryオブジェクトの走査
6.1 要素をインデックス値で特定する
6.2 要素の集合から条件にマッチした要素を削除する
6.3 条件にマッチする子ノードを持つ要素の集合を得る
6.4 各要素を関数に通して処理する
6.5 インデックス値の範囲で要素を抽出する
6.6 条件にマッチする要素を抽出する
6.7 要素集合から子要素を抽出する
6.8 条件にマッチした要素の兄弟要素を抽出する
6.9 条件にマッチした要素の親要素を抽出する
6.1 条件にマッチした要素の親要素を、範囲を限定して抽出する
6.11 要素の前・後の兄弟要素をすべて抽出する
6.12 要素の前・後の兄弟要素を、範囲を限定して抽出する
6.13 最も近くの条件にマッチする親要素を得る
6.14 条件にマッチする要素を子孫の階層から探索する
6.15 最も近い「配置済み」の親要素を得る
6.16 要素集合に要素を追加する
6.17 テキストノードも含めて、要素の子ノードを抽出する
6.18 1つ前の状態のjQueryオブジェクトを返す
6.19 1つ前の状態のjQueryオブジェクトを結合する
6.2 最初・最後の要素を抽出する
6.21 前・次の要素を抽出する
6.22 要素が条件にマッチするかチェックする
■7章 イベント操作
7.1 イベントオブジェクト
7.2 イベントオブジェクトのメソッド群
7.3 マウスクリック
7.4 ダブルクリック
7.5 マウスの移動
7.6 マウスボタンを押す・離す
7.7 マウスカーソルの要素への出入り
7.8 マウスカーソルの出入りに応じ、それぞれの処理を実行する
7.9 フォーカスの移動
7.1 キーを押す・離す
7.11 フォーム要素の変更時イベント
7.12 テキストの選択
7.13 フォーム送信のイベント
7.14 ブラウザウィンドウのリサイズを検出する
7.15 スクロールを検出する
7.16 イベントにイベントハンドラを割り当てる
7.17 イベントハンドラを解除する
7.18 イベントを発火する
7.19 1度だけ呼び出したいイベントハンドラを割り当てる
■8章 jQueryのCSS操作
8.1 CSSプロパティの取得
8.2 CSSスタイルの指定
8.3 CSSスタイルの一括指定
8.4 要素の高さを調べる
8.5 要素の高さを設定する
8.6 要素の幅を調べる
8.7 要素の幅を設定する
8.8 要素のinnerHeightを調べる
8.9 要素のinnerWidthを調べる
8.1 要素のouterHeightを調べる
8.11 要素のouterWidthを調べる
8.12 要素の表示位置を調べる・設定する
8.13 要素の表示位置を調べる
8.14 縦方向のスクロール位置を取得する・設定する
8.15 横方向のスクロール位置を取得する・設定する
8.16 クラスの指定あり・指定なしを切り替える
8.17 独自のCSSプロパティを作成する
8.18 単位なしで利用可能なCSSプロパティの一覧を得る
■9章 データ
9.1 データの割当と解除
9.2 データが割り当てられているか調べる
■10章 エフェクト
10.1 アニメーション効果の無効化
10.2 フェード効果
10.3 スライド効果
10.4 表示と非表示
10.5 カスタムアニメーション
10.6 アニメーションを停止する
10.7 視覚効果のキューを操作する
■11章 Ajax
11.1 Ajaxの設定パラメータ
11.2 Ajaxの設定をコントロールする
11.3 HTTPリクエストを送信してレスポンスを受け取る
11.4 HTTPリクエストを送信し、受け取ったレスポンスをDOMに挿入する
11.5 JSONエンコードされたデータをサーバから取得する
11.6 JavaScriptファイルをサーバから取得する
11.7 Ajaxのリクエストを送信し、レスポンスを受け取る
11.8 Ajaxプレフィルタ
11.9 Ajaxトランスポート
11.1 Ajaxイベントハンドラ
11.11 ヘルパー関数
■12章 Callbacksオブジェクト
12.1 Callbacksオブジェクトを生成する
12.2 Callbacksオブジェクトにコールバックを追加する
12.3 Callbacksオブジェクトを実行する
12.4 コンテキストを指定してCallbacksオブジェクトを実行する
12.5 Callbacksが実行されたか確認する
12.6 Callbacksオブジェクトを無効化する・無効化されているか確認する
12.7 Callbacksオブジェクトをロックする・ロックされているか確認する
12.8 コールバック関数を削除する・Callbacksオブジェクトを空にする
■13章 Deferredオブジェクト
13.1 同期処理と非同期処理
13.2 非同期処理とコールバック関数
13.3 $.Deferredを使おう
13.4 $.Deferred()ファクトリーメソッド
13.5 promiseオブジェクトを返す
13.6 Deferredの状態を調べる
13.7 成功時・失敗時・進行中の処理を実行する
13.8 処理を確定する・進行中の通知を発行する
13.9 Deferredのコールバックを集中管理する
13.1 複数のDeferredオブジェクトやPromiseオブジェクトを非同期に処理する
■14章 ユーティリティ
14.1 文字列の前後からホワイトスペースを除去する
14.2 配列を操作する
14.3 反復処理や条件判断に便利なメソッド
14.4 その他のユーティリティメソッド
14.5 jQueryオブジェクトに対する便利なメソッド
■15章 SVGの操作
15.1 SVGとは
15.2 SVG.jsを導入しよう
15.3 SVG.jsで簡単な図形を描いてみる
15.4 SVG.jsでアニメーションを作る
15.5 jQueryとSVG.jsでグラフを描く
著者略歴
鶴田展之(ツルタノブユキ tsurutanobuyuki)
株式会社qnote 代表取締役。オープンソースソフトウェアを用いたシステムインテグレーション、コンサルティングを中心に活動しつつ、Web 上のメディア、雑誌、書籍等にて多数の著述活動を行っている。オフィスに10 匹、自宅に4 匹の猫を抱える愛猫家。ペットといっしょに働けるオフィスの拡大を目論んでいる。将来は南国に移住したい極度の寒がり。著書は『MySQL による最速RDBMS 構築ガイド』(共著:ソフトバンククリエイティブ),『MySQL 辞典』(共著:翔泳社),『PHP 実用プログラミング』(共著:ローカス)など。
タイトルヨミ
カナ:カイテイシンパンジェイクエリポケットリファレンス
ローマ字:kaiteishinpanjeikueripokettorifarensu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
花鳥社:曽倉岑 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。