近刊検索 デルタ

2020年9月16日発売

技術評論社

図解でわかるカーボンリサイクル ~CO2を利用する循環エネルギーシステム~

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
SDGsの目標でも掲げられているカーボンリサイクル。
地球温暖化ガスとして問題視されるCO2の排出量を抑え、原油などの化石燃料をはじめ多くの資源を輸入にたよる日本にとって、CO2をエネルギーとして活用し、循環させる未来につながる技術です。経済産業省内に「カーボンリサイクル室」が設けられ、注目度が増しています。
国のエネルギー技術戦略策定や、さまざまなエネルギー分野の調査研究を受託するカーボンリサイクルを国内で一番理解するエネルギー総合工学研究所の博士たちによるカーボンリサイクルの実践書です。
エコでクリーンなエネルギーとして注目されるカーボンリサイクルのしくみ、実践方法がよくわかります。
目次
1章 CO2をなぜ利用するのか
2章 CO2利用の難しさ
3章 カーボンリサイクルの仕組み
4章 CO2を固定する技術
5章 CO2を燃料として利用する
6章 CO2から化学品を製造する
7章 必要な水素の製造
8章 世界の視点からすべきこと
9章 カーボンリサイクルへの道
著者略歴
一般財団法人 エネルギー総合工学研究所 編著(イッパンザイダンホウジン エネルギーソウゴウコウガクケンキュウジョ ヘンチョ ippanzaidanhoujin enerugiisougoukougakukenkyuujo hencho)
一般財団法人 エネルギー総合工学研究所 国のエネルギー技術戦略策定や、さまざまなエネルギー分野の調査研究を受託。特に、炭素循環エネルギーグループが中心となり、CO2有効利用技術開発推進、研究所内に研究会設置などを通して、当該分野での最先端の情報を有している。
タイトルヨミ
カナ:ズカイデワカルカーボンリサイクル シーオーツーヲリヨウスルジュンカンエネルギーシステム
ローマ字:zukaidewakarukaabonrisaikuru shiiootsuuoriyousurujunkanenerugiishisutemu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。


連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。