近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『細胞タウン大冒険』は、一つの細胞を「街(タウン)」に見立て、細胞内部で何が行われているのか、解説しました。
マンガとイラストを交えながら、小学生にもわかってもらえるよう懇切丁寧に解説しているので、親子で楽しんでいただけます。

私たちの体は、細胞の集まり。
36~37兆個もの細胞が集まってできている。
でも、細胞はレンガのように、ただ集まって体を作っているわけじゃない。
一つひとつの細胞の中には不思議な社会が存在し、いろんなコトを行っているんだ。
細胞一つひとつの内部には、どんな社会が広がっているのだろう?

『細胞タウン大冒険』は、一つの細胞を「街(タウン)」に見立て、細胞内部で何が行われているのか、解説していくよ。
細胞内で働くタンパク質たちが住人として登場し、細胞小器官でさまざまな生活を繰り広げます。
ぼーっとしたり、超多忙になったり、失敗したり。
そんな「細胞タウン」の日常を、コミカルなマンガとイラストでぐぐっと迫ります。

難解になりがちな細胞小器官の働きをとってもわかりやすく、しかもディープに解説。
なので、子どもたちはもちろん、生物系・医療系を勉強しようと思っている方々にもご納得いただける1冊です。
目次
『細胞タウン大冒険』目次

1.「核」 体の設計図がぎっしり!
2.「リボソーム」 タンパク質を作る工場
3.「小胞体」 タンパク質の第二の工場
4.「ゴルジ体」 タンパク質の配送センター
5.「細胞骨格」 細胞タウンの骨組み
6.「細胞膜」 細胞タウンを守るやわらかな壁
7.「ミトコンドリア」 細胞タウンのエネルギー工場
8.「リソソームなど」 細胞タウンの分解工場
9.「細胞分れつ」 2つに分かれる細胞タウン
著者略歴
清水 洋美(シミズ ヒロミ shimizu hiromi)
■著者紹介清水洋美(しみず・ひろみ)出版社勤務後、フリーランスの編集者・ライターとして自然科学関連の児童書を中心に、企画・編集・執筆を幅広く行っている。代表作に『ずかんプランクトン』『ずかん数字』(技術評論社)、『初めて読む科学者の伝記 牧野富太郎』(汐文社)など。
石川 日向(イシカワ ヒュウガ ishikawa hyuuga)
■イラストレーター紹介石川日向(いしかわ・ひゅうが)玉川大学文学部卒業後、イラストレーターとして広告、出版で活動中。絵本なども手がける。主な著作として『あいうえおもちゃごう』(フレーベル館)などがある。
石渡 信一(イシワタ シンイチ ishiwata shinichi)
■監修者紹介石渡信一(いしわた・しんいち)元日本生物物理学会会長。理学博士、早稲田大学理工学術院物理学科名誉教授。専門は生体分子モーターの仕組みと、生体構造形成機構の研究。編著に『生体分子モーターの仕組み』(共立出版)、「一分子生物学」(化学同人)、『実験生物物理』(丸善)などがある。
タイトルヨミ
カナ:サイボウタウンダイボウケン
ローマ字:saiboutaundaibouken

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
実業之日本社:堂場瞬一 
星海社:小川隆行 一瀬恵菜 鴨井喜徳 久保木正則 後藤豊 所誠 ほか
エール出版社:鳩山文雄 
中央公論新社:原田泰 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。