近刊検索 デルタ

2021年7月15日発売

技術評論社

地球生命 水際の興亡史

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
魅惑的な古生物たちの世界。
知的好奇心をくすぐり、知的探究心を呼び起こし、そして何よりシンプルに面白い。
そんな世界を、みなさまにお届けします。

新シリーズ1作めは「水際における古生物の興亡」をお届けします。

陸圏と水圏の境界域にあたる“水際の世界“は、地球生命が最も躍動的に物語が紡がれた舞台の一つ。
かつて水の中で生まれた私たちの祖先は、水際世界への“上陸作戦”を展開し、新天地たる陸域へ生活圏を拡大しました。
一方、陸域で繁栄を遂げた生物の中から、再び水際世界へ侵食し、水の中に“逆進出“を遂げるものが出現します。

彼らは“水際の世界”を、時に通過点とし、時に支配圏としながら、命を繋いできました。

本書は、そんな水際世界を“進化の舞台”として興亡を繰り広げた脊椎動物の3グループに焦点を当てました。

「両生類」「偽鰐類」「哺乳類」

これら3グループを中心に展開する“水際の世界”では、どんな興亡が繰り広げられたのでしょう。
地球生命を語る上で欠かせない“水際の生物史”を、存分にお楽しみください。
目次
■第1章 陸へ
 上陸、そして内陸へ
 41億8000万年間のプロローグ
 二つの大陸と一つの超大陸
 足跡が“先行”した
 「腕の骨」をもつ魚たち
 そして、指ができる
 “水際仕様”の眼をもつ
 イクチオステガの登場
 ゴンドワナの初期四足動物
 内陸への進出


■第2章 先行する両生類
●第1節 栄え始めた四足動物
 大森林の水際で
 東カークトンの不思議な水棲四足動物
 「両生類」とよばれる動物たち
 ヘビのような先駆者たち
 水圏で暮らす3種の空椎類

●第2節 両生類、覇権をとる
 先陣を切ったトカゲ似両生類
 植物を食べ始める
 連なる世界
 両生類の繁栄は“第二段階”へ
 時代の頂点に立つ
 “次世代”の足音
 カエルとイモリの共通祖先
 空前絶後の大量絶滅

●第3節 大絶滅のその先に
 続く超大陸時代
 生き残った彼ら
 カエル、そして、サンショウウオへ
 分裂開始
 生き残る“オールド・タイプ”
 カエルは跳び始め
 サンショウウオが現れ
 ノアの洪水で滅ぶ?
 足のあるアシナシイモリ
 超温暖期
 最後の“オールド・タイプ”
 史上最大のカエル
 "もう一つ”のグループ


■第3章 王者登場
 新時代の始まり
 再び三畳紀
 超大陸で始まる歴史
 "あの恐竜”を彷彿とさせる
 現れた覇者クラス
 ワニ型類からワニ形類へ
 もう一つの主役


■第4章 水際の覇者とその仲間たち
●第1節 水の世界へ
 再びジュラ紀
 水際世界へ、もっと先へ
 現れた大型種

●第2節 恐竜たちの“ライバル”
 再び白亜紀
 内陸進出
 穴を掘る仲間たち
 多様な歯をもつ仲間たち
 アヒルとアルマジロ
 水棲種の“生き残り”
 再び大型種
 現生ワニ類への道
 三度、大型種

●第3節 水際の頂点へ
 新たな時代
 内陸種の生き残り
 広がるクロコダイル類
 四度、大型種


■第5章 私たちも海へ
●第1節 かくして哺乳類も水中へ進出する
 恐竜時代の水棲哺乳類
 冷えていく時代
 ムカシクジラ類の登場
 もっと水の中へ
 遠く離れた地で、水の中へ
 水際の仲間たち
 旅路の先のムカシクジラ類
 そして、海の中へ
 そして、“最強”へ
 人魚も登場

●第2節 さあ、水中へ。みんな、水中へ
 日本を代表する古生物
 クマ類に近縁の“不思議グループ”
 水族館ショーの主役たち
 もう一つの鰭脚類
 動物園で人気のアレも?
 ラッコの祖先は、大陸を横断したのか
 大型カワウソから見えるラッコの進化
 泳ぐナマケモノと電気感知のカモノハシ

●第3節 そして……
 内陸の水際で暮らす大きな仲間たち
 日本のカイギュウたちと
著者略歴
土屋健(ツチヤケン tsuchiyaken)
土屋 健(つちや・けん)サイエンスライター。オフィス ジオパレオント代表。
かわさきしゅんいち=イラスト/(カワサキシュンイチ kawasakishunichi)
動物画家・絵本作家・漫画家。1990年大阪生まれ。
松本涼子(マツモトリョウコ matsumotoryouko)
神奈川県立生命の星・地球博物館、学芸員。英国ロンドン大学(University College London)にて博士号(Ph.D.)取得。
小林快次(コバヤシヨシツグ kobayashiyoshitsugu)
北海道大学総合博物館、副館長・教授。大阪大学総合学術博物館、招聘教授。1971年、福井県福井市生まれ。米国ワイオミング大学卒業後、米国サザンメソジスト大学にて日本人としてはじめて恐竜で博士号(Ph.D.)を取得。
田中嘉寛=監修(タナカヨシヒロ tanakayoshihiro)
大阪市立自然史博物館、学芸員。北海道大学総合博物館資料部・研究員を兼ねる。ニュージーランド、オタゴ大学で初期のイルカの進化を研究し博士号(Ph. D.)を取得。
タイトルヨミ
カナ:チキュウセイメイミズギワノコウボウシ
ローマ字:chikyuuseimeimizugiwanokouboushi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

技術評論社の既刊から
土屋健/著 かわさきしゅんいち=イラスト//イラスト 松本涼子/監修 小林快次/監修 ほか
土屋健/著 土屋香/イラスト 芝原暁彦/監修
涌井良幸、涌井貞美/著
もうすぐ発売(1週間以内)
近刊:ランダム

>> もっと見る

新着:ランダム(5日以内)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。