近刊検索 デルタ

2021年4月7日発売

宝島社

臨床法医学者・真壁天 秘密基地の首吊り死体

宝島社文庫
『このミス』大賞シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第19回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉作品! 法医学者・真壁天は、人間と関わるよりも死体を解剖して分析する方がマシだと思っている生粋の人間嫌い。しかし、教授から児童虐待を鑑定する仕事を押し付けられ、さらにそこで、死体分析で鍛えた優秀な観察眼を発揮して、能力を見込まれてしまう。いやいやながら様々な親子の闇に関わっていく真壁だったが、ある日から、彼が虐待を指摘した親たちが、次々と首吊り死体で発見されていく。死体の状況を聞いた真壁は、自身が小学生時代に目の当たりにした、親友・ハルの首吊り死体を思い出す――。
著者略歴
高野 結史(タカノ ユウシ takano yuushi)
タイトルヨミ
カナ:リンショウホウイガクシャマカベテンヒミツキチノクビツリシタイ
ローマ字:rinshouhouigakushamakabetenhimitsukichinokubitsurishitai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
実業之日本社:堂場瞬一 
エール出版社:鳩山文雄 
光文社:佐伯泰英 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。