近刊検索 デルタ

2021年6月4日発売

宝島社

科警研のホームズ 絞殺のサイコロジー

宝島社文庫
『このミス』大賞シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
未解決事件に、元科警研のエースがふたたび挑む!
大人気! 警察×科学捜査ミステリー

知念実希人さん(作家・医師)推薦!
「闇の底深くに沈んだ過去の未解決事件に最新科学の光が降り注ぎ、驚愕の真相が照らし出される様が美しい」

東啓大学理学部に新たに開設された寄附講座『科学警察研究講座』。
科学捜査に関するテーマを扱うというその講座に配属された松山悠汰は、科捜研から派遣されてきた研究員・北上の指導のもと、同期の藤生と協力して実際の未解決事件の捜査に携わることに。
松山たちが行き詰まったとき、かつて「科警研のホームズ」とまで称された講座責任者の土屋准教授が、驚くべき洞察力と推理力を発揮する!

(目次)
『科学警察研究講座』で扱われる四つの未解決事件

第一話 悲劇を招くアヴォケイション
未解決の強盗殺人事件。空になった金庫の扉に付着した絵具は何を意味するのか。

第二話 転落のケミストリー
前夫と後夫を立て続けに転落死で失った女性。二つの事件は保険金殺人なのか。

第三話 隠匿されたデッドリー・ポイズン
密室状況の屋敷で死亡した老人の体内からは、高濃度のヒ素が検出された。

第四話 絞殺のサイコロジー
十四年前、当時三歳だった藤生の弟が公園で殺害された。犯人はまだ捕まっておらず……。
著者略歴
喜多 喜久(キタ ヨシヒサ kita yoshihisa)
タイトルヨミ
カナ:カケイケンノホームズコウサツノサイコロジー
ローマ字:kakeikennohoomuzukousatsunosaikorojii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。