近刊検索 デルタ

2021年8月10日発売

宝島社

口ベタな人ほどうまくいく たった1日で会話が弾む! 話し方のコツ大全

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
今すぐ使える! 自分に合った話し方のコツが見つかる!

普段から口ベタであることを悩んでいる人、「もっと話がうまくなりたい」「会議やプレゼンなどで緊張せずに話したい」と考えている人へ

元日本テレビのアナウンサーで、2020年10月からフリーアナウンサー、司会者として活躍する青木源太さんが、日テレアナウンサー時代に得た経験やエピソードをふんだんに盛り込み、口ベタな人でも今すぐに実践できる、 会話が弾む方法や相手にきちんと伝える方法など、87個のコツを具体的かつ丁寧に紹介しています。

青木さんがパーソナリティとして番組MC(日本テレビ『バケット』初代MCなど歴任)を任されるまでになったスキルをあますところなく紹介する、口下手な人でも話が上手になれる本です。

●青木源太さんコメント
「コミュ力」という言葉をよく聞きます。そしてそれを高めたいと思っている方も多いはずです。
私はアナウンサーですが、特段自分がコミュ力が高いとは思っていません。
しかし、15年間テレビ業界にいて、コミュ力が高い人のことをよく観察してきた自負はあります。
コミュ力とは、単に自らが積極的に発信していくことだけで磨かれるものではありません。
話の聞き方、ちょっとした言葉や心がけで変わるものだと思います。
この本が皆さんのコミュ力を高めるヒントになれば嬉しいです。

●「はじめに」より抜粋
(前略)
「話す」というのは、言ってみれば「誰にでもできること」です。それを仕事としてやっていくためには、ただ単に「おしゃべり」をするのではなく、情報を短く、正確に、わかりやすく「伝え」なければならないわけです。僕はそのことにそれほど意識的でなかったために、話すことの難しさを感じて立ち止まってしまったのです。
(中略)
なかでも「情報を整理して伝える」ことへの憧れ。これが強かった分、入社後に強いプレッシャーを感じました。「こんなはずではなかった」という感覚に近いですが、話が上手になるためには意識すべきことがたくさんあるということに気づかされたのです。
(中略)
話すこと自体怖くなってしまった僕が、なんとかそれを克服することができたのは、あるとき「自分が話し続ける必要はない」と気づいたからです。
(中略)
みなさんのなかにも、「自分がつながなくちゃ。話を回さなきゃ」と思っている人は多いと思います。しかし、大前提として、「コミュニケーションはひとりで成立するものではない」ということを忘れないようにしてください。
話し方というのは、話の聞き方、ちょっとした言葉や心がけで変わるものだと思います。
本書で紹介するコツは、必ずしもすぐに身につくものばかりではありませんが、いずれも実践してみると効果が実感できるでしょう。
そうして自分の話し方に自信をもてるようになったら、話すことがどんどん楽しくなってくるはずです。
そうなれば僕としても、とても嬉しく思います。
著者略歴
青木 源太(アオキ ゲンタ aoki genta)
1983年生まれ、愛知県岡崎市出身。慶應義塾大学卒業後、2006年にアナウンサーとして日本テレビへ入社。情報・バラエティ番組への出演を中心に、スポーツ中継の実況も担当。 2015年10月5日より『PON!』にレギュラー出演。番組終了後の2018年10月1日から『バゲット』の初代MCを担当。2020年9月30日付で日本テレビを退社。翌10月1日からレプロエンタテインメントに所属し、フリーアナウンサーとして活動中。 Twitterアカウント @Aoki_Genta Instagramアカウント @aoki.genta
タイトルヨミ
カナ:クチベタナヒトホドウマクイクタッタイチニチデカイワガハズムハナシカタノコツタイゼン
ローマ字:kuchibetanahitohodoumakuikutattaichinichidekaiwagahazumuhanashikatanokotsutaizen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

宝島社の既刊から
藤田紘一郎/著
グループK21/著 一ノ宮美成/著 湯浅俊彦/著
井村俊哉/著 愛鷹/著 某OL(emi)/著 余弦/著 DAIBOUCHOU/著 uki5496/著
海堂尊/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
プレジデント社:
集英社:深緑野分 
鳥影社:山上一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。