近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
UFO、宇宙人、心霊、予言、UMA、超常現象、都市伝説、超古代文明、人物……。古今東西の超自然現象や不思議な事実を網羅した、オカルト事典の集大成!
ウンモ星人、バミューダ・トライアングル、クトゥルー神話、ギリシャの天文計算機、ケネス・アーノルド事件、宜保愛子、赤い紙・青い紙、サードマン現象、アレイスター・クロウリー、犬鳴村伝説、テレポーテーション、フィラデルフィア計画、マハーバーラタ、カルナック列石、生まれ変わりの村、あなたの知らない世界、死海写本、おわかりいただけただろうか?、食人族、アトランティス大陸、シケイダ3301など900項目以上のオカルト・怪異的事象を50音順に解説。

「オカルト&怪異」の世界にようこそ。
「オカルト」という言葉から、皆さんは何をイメージするでしょうか。
 UFO、ネッシー、心霊番組、ノストラダムスの大予言、怪奇児童書、ホラー映画、超常現象、都市伝説、超古代文明、宇宙人など、人によって思い浮かべるものはさまざまだと思います。
 オカルト(occult)の定義は、
一、超自然の現象。神秘的現象。
二、目に見えないこと。隠れて見えないこと。
 とされています(デジタル大辞泉)。語源は「隠されたもの」を意味するラテン語で、そこから一の意味が派生したようです。
 一方、怪異とは、
一、現実にはありえないような、不思議な事実。また、そのさま。
二、化け物。変化。妖怪。
 とされています(同)。
 目に見えない超自然現象と、現実にはありえない不思議な事実。どちらも雲をつかむような不確かなもので、だからこそ私たちを強烈に引き寄せる魅力に満ちています。
 本書では、そんな「オカルト&怪異」を集め、「読む事典」として解説しました。
(中略)
現在は、デジタルカメラの普及やCG技術の向上によって、オカルティックな画像や映像が誰でも作れるようになりました。また、インターネットが普及し、ヤラセかどうかがすばやく検証できる時代です。しかし、それでも世界は、未だ解明されていない謎に満ちています。そんな世界に触れる扉として、本書がお役に立てば…と願っています。
…「はじめに」より

【目 次】

○特別寄稿
オカルトに導かれて 辛酸なめ子
私自身の超常現象体験 大槻ケンヂ

はじめに
オカルト怪異事典(50音順)
おわりに
ジャンル別索引

○column
01 世界各地でモノリス発見。その正体は?/02 事故物件に住んでみた/03 やってはいけないオカルト儀式/04 オカルト番組はなぜ消えたのか/05 コロナを予言した漫画作品/06 オカルト界隈で話題の「コリアタウン殺人事件」
目次
○特別寄稿
オカルトに導かれて 辛酸なめ子
私自身の超常現象体験 大槻ケンヂ

はじめに
オカルト怪異事典(50音順)
おわりに
ジャンル別索引

○column
01 世界各地でモノリス発見。その正体は?/02 事故物件に住んでみた/03 やってはいけないオカルト儀式/04 オカルト番組はなぜ消えたのか/05 コロナを予言した漫画作品/06 オカルト界隈で話題の「コリアタウン殺人事件」
著者略歴
寺井 広樹(テライ ヒロキ terai hiroki)
【著者】寺井広樹 オカルト研究家・文筆家。1980年神戸市生まれ。同志社大学経済学部卒業。怪談の蒐集や超常現象の研究をライフワークとしている。『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』(マキノ出版)、『日本懐かしオカルト大全』(辰巳出版)、『しりあがり寿の死後の世界』(辰巳出版)、『南米妖怪図鑑』(ロクリン社)、絵本『ようかい でるでるばあ!!』(絵:日野日出志、彩図社)など著書多数。
タイトルヨミ
カナ:オカルトカイイジテン
ローマ字:okarutokaiijiten

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

笠間書院の既刊から
西行学会/編集
三宅香帆/著
名古屋大学「アジアの中の日本文化」研究センター/編
もうすぐ発売(1週間以内)
吉川弘文館:黒田智 
講談社:三止十夜 藤実なんな 
KADOKAWA:青田かずみ 椎名咲月 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。