近刊検索 デルタ

2018年8月23日発売

河出書房新社

小岩へ 父敏雄と母ミホを探して

父敏雄と母ミホを探して
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
『死の棘』の「舞台」となった小岩、及びミホが入院する周辺の土地、そして神戸へ。息子にその記憶の光景は今どう立ち上がるのか。
著者略歴
島尾 伸三(シマオ シンゾウ)
1948年生まれ。写真家・エッセイスト。父・島尾敏雄、母・ミホの長男として神戸市に生まれる。奄美大島で少年時代を過ごす。74年、東京造形大学造形学部写真専攻科卒業。75年よりフリーの写真家として活動。78年、妻・潮田登久子との間に長女・真帆が誕生。著書に『ひかりの引き出し』『月の家族』『生活』『季節風』、共著に『中国庶民生活図引』他多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。