近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
自殺した友人の遺稿を整理するために動物剥製師宅の屋根裏部屋にこもった主人公が見出したものはなにか。三つの狂気が交錯し交響する戦慄的なカオス。ベルンハルト中期の長篇、ついに邦訳。
著者略歴
トーマス・ベルンハルト(ベルンハルト,T berunharuto,T)
1931-1989。オーストリア生まれ。最も重要なドイツ語文学者のひとり。『消去』『凍』『破滅者』『アムラス』『地下』などが訳されている。ゲオルグ・ビューヒナー賞、メディシス賞など受賞多数。
飯島 雄太郎(イイジマ ユウタロウ iijima yuutarou)
1987年生まれ。ドイツ語圏文学。訳書、ベルンハルト『アムラス』(共訳)
タイトルヨミ
カナ:スイコウ
ローマ字:suikou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

飯島 雄太郎 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。