近刊検索 デルタ

10月26日発売予定

河出書房新社

出版社名ヨミ:カワデショボウシンシャ

首相が撃たれた日に

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
軍隊生活、テロ、ホロコースト、過酷な歴史と未来。逃げようのない現実と、その中の愛と孤独。イスラエル屈指のストーリーテラーがユーモアと諧謔を交えて描く珠玉の短篇傑作選
著者略歴
ウズィ・ヴァイル(ヴァイル,ウズィ vairu,uzuィ)
1964年、ホロコースト第二世代としてイスラエルで生まれる。作家・コラムニスト・脚本家。カーヴァーなどの翻訳も手がける。長篇に『五つの夢』『世界を消した男』など、短篇集に『嘆きの壁を移した男』など。
母袋 夏生(モタイ ナツウ motai natsuu)
1943年長野県生まれ。イスラエル文学翻訳の第一人者。訳書に、ケレット『突然ノックの音が』『クネレルのサマーキャンプ』、オルレブ『走れ、走って逃げろ』、『お静かに、父が昼寝しております』など。
広岡 杏子(ヒロオカ キョウコ hirooka kyouko)
1982年、東京生まれ。英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)ヘブライ語・ユダヤ学部卒業。エルサレム・ヘブライ大学RIS修士課程卒業。訳書に、ケレット『銀河の果ての落とし穴』など。
波多野 苗子(ハタノ ナエコ hatano naeko)
タイトルヨミ
カナ:シュショウガウタレタヒニ
ローマ字:shushougautaretahini

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

ウズィ・ヴァイル 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。