近刊検索 デルタ

2018年9月5日発売

河出書房新社

ホモ・デウス 下

テクノロジーとサピエンスの未来
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
生物はアルゴリズムであり、生物工学と情報工学の発達によって、資本主義や民主主義、自由主義は崩壊する。ハラリが描く衝撃の未来!
著者略歴
ユヴァル・ノア・ハラリ(ハラリ,Y.N)
イスラエル人歴史学者。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。著書『サピエンス全史』は世界で800万部を超えるベストセラーとなった。
柴田 裕之(シバタ ヤスシ)
翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業。訳書にドゥ・ヴァール『道徳性の起源』、リドレー『繁栄』(共訳)、リフキン『限界費用ゼロ社会』、ハラリ『サピエンス全史(上下)』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。