近刊検索 デルタ

2021年6月29日発売

河出書房新社

海がやってくる

気候変動によってアメリカ沿岸部では何が起きているのか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
メキシコ湾岸、フロリダ、そしてニューヨークまで、温暖化と海面上昇がもたらした崩壊の風景と、常識を覆す「人新世」の恐るべき現実。2018年ピューリッツァー賞最終候補作。
著者略歴
エリザベス・ラッシュ(ラッシュ,E rasshu,E)
国際関係ジャーナリスト・写真家。「ニューヨーク・タイムズ」、「アル・ジャジーラ」、「ル・モンド・ディプロマティーク〔英語版〕」などに寄稿。
佐々木 夏子(ササキ ナツコ sasaki natsuko)
翻訳者。共訳書にD・グレーバー『負債論――貨幣と暴力の5000年』(以文社)がある。
タイトルヨミ
カナ:ウミガヤッテクル
ローマ字:umigayattekuru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

河出書房新社の既刊から
フロランス・ビュルガ/著 田中裕子/翻訳
本郷和人/著
エディ・ジェイク/著 金原瑞人/翻訳
バーバラ・アン・ブレナン/著 シカ・マッケンジー/翻訳
アンジェラ・デイヴィス/著 浅沼優子/翻訳
J・W・リンズラー/著 北川玲/翻訳
佐々木 夏子 最近の著作

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。